トップページ | 2007年4月 »

ピアニストとタイピスト

 子供の頃、シャーロック・ホームズにはまってたんだが、どの作品だったかは忘れたが、釈然としないエピソードがあった。ホームズが初対面で相手の経歴を言い当てる例のあれで、依頼人の女性の手を取って、「指がへら状になっているのでタイピストと間違えるところだったが、彼女の顔には芸術家の深みがある。ピアニストだ」とか言う。

 ホームズともあろう者が内面の深み云々という曖昧なものを推理の根拠にすることに、納得できなかったのである。タイピストに失礼だろう、とも思った。

 それから20年近く経った2002年、コーエン兄弟の『バーバー』を観た。まだ17かそこらのスカーレット・ヨハンソンが弾くソナタをプロのピアニストが「おもしろみがない」と散々腐して、こう締め括る。「いいタイピストになれるだろう」

 きれいなだけで中身は空っぽな役が、当時からヨハンソンは巧かったよね。

 小学校から高校までの12年間、エレクトーンを習っていた。まったくモノにならなかった。要は才能がないということなんだろうが、それに加えてものすごく不器用なのも原因だろう。何かもう、自分で自分に愛想を尽かしたくなることもあるくらい不器用だからね(例;ゲーム機のコントローラーをまともに操作できない)。

 で、前回も書いたように99年からワープロを使っているが、ブラインドタッチは問題なく行えている。これはやっぱり、エレクトーンをやってたお蔭なんだろうなあ…………12年間ずっと熱心に練習してたとは到底言えないが、時々は熱心だったから、その経験が無駄にならずに済んだのは結構なことである。でも、こういう形でってのは嬉しくない。

 さて、私の顔には「内面の深み」とやらは表れているのでしょうか、いないのでしょうか?

|

ゲラ終了

 マンションの桜が咲きました。

 ゲラ終了。最寄のコンビニが先月閉店してしまったので、駅前まで行って返送してきました。たかだか3分余計に歩くだけですが、スケジュールが詰まってボロボロになってる時とか、この3分は結構きつそうだな。今回はそこそこ余裕がありましたが。

 それにしてもJコレ版の時、あれだけ見直したというのに、誤字脱字がちらほら出てしまいました。今回こそは誤字脱字を撲滅したいです。

 私は悪筆です。かつて小説を書こうとしては挫折することを繰り返していたのに、1999年の時点から突然書けるようになった(作品を完成させることができるようになった)のには、いろいろと要因があるのだと思いますが、最も単純な要因は、「ワープロを入手した」ことでした。それまでは手書きだったんだけど、字が汚すぎて、自分が書いたものを後から判読できなかったんだよねー。丁寧に書いても汚いのに、考えるのと同じ速さで書きたいから、すごい殴り書きになる。そのうえ、史学科東洋史専攻以来の習慣で中国の簡体字を使う(そのほうが速く書ける)から、ますます判読不能に。

 で、機械に頼ることで執筆に滞りがなくなったのはいいんだけど、悪筆は悪化してます。『グアルディア』Jコレ版、一箇所明らかに編集部の人が最終ゲラに書き込んだ私の字を読み間違えたことで起きた誤字がある……うぐああっ。見つけた時は頭を抱え込んでしまいました。すみません、ごめんなさい。以後、気をつけています。でもやっぱり悪筆だ。

|

『イーリアス』を楽しく読む

 ゲラ待ちの某日、かねてよりやりたいと思っていた『熱帯』(佐藤哲也、文藝春秋)と『イーリアス』の比較検証を行った。テキストは岩波文庫の呉茂一訳版。図書館にこれしかなかった。サブテキストは家にあった呉茂一著の『ギリシア神話』(新潮文庫)。

 作中で言及されているように、『熱帯』P25~P53は第一歌、第二歌(呉版では第一書、第二書)に沿って進行している。以下のように筋を対比しながら書き出していく。

『熱帯』;株式会社KRSのリーダー栗栖洋一が、赤井屋システム・エンジニアリングの黒小路乱造に対し、当初の契約を守ってくれるよう要求する。黒小路乱造はこの要求を突っぱね、栗栖を追い払う。栗栖は海へ赴き、この涙の償いがあるようにと天上の神々に祈願する。神々は祈りを聞き届け、東京に猛暑をもたらす。

『イーリアス』;クリューセーの町のアポローンの祭司クリューセースは、アカイア人の王アガメムノーンに対し、娘を返してくれるよう数多の身代を持って懇願する。アガメムノーンはこの懇願を突っぱね、クリューセースを追い払う。クリューセースは海へ赴き、この涙の償いがあるようにとアポローンに祈願する。アポローンは祈りを聞き届け、アカイア勢に疫病をもたらす。

『熱帯』;異常気象が始まって十日目、株式会社MMDの神子一徹の発議によって緊急対策会議が招集される。プロジェクトがいつまで経っても終わらない理由を、コンサルタントに尋ねてみることを提案する。コンサルタントは株式会社テストルの粕屋軽作である。粕屋は神子一徹に、真相を述べることで自分が恨みを買った場合には庇ってくれることを要求する。神子一徹は、その相手が黒小路乱造その人であったとしても粕屋を庇うことを約束する。

『イーリアス』;災厄が始まって十日目、ミュルミドーンらを率いるアキレウスが有志たちを会議の座に呼び集める。この災厄の理由を、占い師に尋ねてみることを提案する。占い師はテストールの子カルカースである。カルカースはアキレウスに、真相を述べることで自分が恨みを買った場合には庇護することを要求する。アキレウスは、その相手がアガメムノーンその人であったとしてもカルカースを庇護すると約束する。

『熱帯』;粕屋軽作は、そもそもの原因は黒小路乱造が栗栖の要請を一蹴したことにあると述べる。黒小路はこれに怒って粕屋を非難する。神子一徹は、ともかくKRSと再契約を結び、次の仕事で充分な利益を出せるようにすればいいと宥める。黒小路は再契約は承諾するが、予算の分配を巡って神子一徹と言い争う。プロジェクトから外してもらったほうがマシだと罵る神子一徹に対し、黒小路乱造はそのほうがこちらも助かるとやり返す。

『イーリアス』;カルカースは、そもそもの原因はアガメムノーンがクリューセースの要請を一蹴したことにあると述べる。アガメムノーンはこれに怒ってカルカースを非難する。アキレウスは、ともかくクリューセースに娘を返し、充分な戦果を上げてその埋め合わせをすればいいと宥める。アガメムノーンは娘の返還は承諾するが、褒美の分配を巡ってアキレウスと言い争う。故郷に帰ったほうがマシだと罵るアキレウスに対し、アガメムノーンはそのほうがこちらも助かるとやり返す。

 ……と、実に見事に対応している。神が黒小路乱造を惑わすために使わした夢が紹介する開発支援ソフトの名は、まんまオネイロス(=夢)である。

 圧巻はやはり、第二歌の「軍船の表」である。株式会社BОT=ボイオートイ勢、株式会社ОKM=オルコメノスに住まう者ども、という具合に企業名と軍勢の名が対応している。各企業からの参加人数も、軍勢の兵員数や軍船の数に対応。企業の代表社名も皿見挨拶=アイアース、軽山英一=カルコードーンの子エレペーノールという具合。

 企業の名は概ね上記のようにアルファベットだが、アルゴスとかスパルタのようにそのまんまだったり、ロクリス=ろくろ情報システム、株式会社アセンズ・ジャパン=athen=アテーナイ等、変則もある。人名では、対応が判らないものもあった。諸星まさると砂城建一がどの人物または事象に対応するか見つけ出せなかったし、神子一徹=アキレウスはなんか判るよーな判らないよーな。居丈高征哉=イタケーのオデュッセウスで「征哉」はやっぱり『オデュッ「セイア」』かなあとか。黒小路乱造=アガメムノーンなのは、彼がクレタのミノス王の末裔であるところから→ミノスと言えばラビュリントス→迷宮→袋小路→くろこうじ、かなあとか(自信ありません)。

『イーリアス』ではほぼ軍船の数や兵員数、代表者の名前を羅列するに留まっているが、『熱帯』では各企業についての説明も加えられている。さすがに読者を考慮したのであろうか。もしかしたら実際の史実もしくは神話上の事柄に関連しているのかもしれないが、呉茂一の『ギリシア神話』だけという貧弱な装備では調べがつかない。糸目捻吉(イドメネウス)率いるクレタ・システム株式会社が予測システムを担当するというから、クレタ王家かイドメネウス王本人が予言の能力に関連しているのではないかと推測したんだが、それらしき挿話は見つけられませんでした。

 株式会社SRSが寺院を母体としている、というのはサラミス島が重要な祭祀センターだったとかそういうんじゃなくて(一応調べてみた)、大アイアース(体格がいいほうの皿見挨拶)の父の名が「テラモーン」だからなんだろうなあ。

 第二歌後半で話がトロイエー陣に移るのに応じて、『熱帯』でも大日本快適党に移り、対応は一応ここでおしまい。しかしP80~83の大乱闘は、第四歌終盤~第五歌序盤および第六歌序盤の戦闘にかなり対応している。物の具も「からから鳴った」し。 

 そのほか、波打ち際は東京湾岸のごとく不毛だし、海面は葡萄酒色だし、神々は12日間の予定でエチオピアに旅行に行ったりする。「満ち足りた思いをする者は一人もない」に対応する表現は見つけられませんでした。

追記;こういうことをやったお蔭で初めて、ブラピ主演の『トロイ』が、意外に『イーリアス』に忠実だったんだと判りました。

『下りの船』感想

比較検証(単なる読み比べ)シリーズ
 マイケル・クライトン『北人伝説』とイブン・ファドラーン『ヴォルガ・ブルガール旅行記』

 佐藤亜紀氏「アナトーリとぼく」とトルストイ『戦争と平和』

 佐藤哲也氏『サラミス』とヘロドトス『歴史』

|

情操教育?

 引き続きゲラ。なんというか、三年前の攻防再び、だなあ。

 先日、妹Ⅰ(二人いるうちの上のほう)と3歳になる姪が横浜から訪ねてきた。姪は1歳かそこらの頃から、私の部屋に来ると音楽を聴きたがる。クラシックがお気に入りだ。で、音楽に合わせて踊る。私も踊るよう要求する。おててつないで一緒にくるくる回る。

 今回は、座ってヘッドホンで聴くことを憶えた。とはいえ3歳児なので、1分も経たずにヘッドホンを外して、「これ、なんて音楽?」「ほかの聴きたい」と言う。そんな姪っ子に、どんな反応をするかと「ワルキューレの騎行」をヘッドホンで聴かせてみた。曲が始まった途端、凍り付いてしまった。音が大きすぎるのかと思ったが、そうではない。目を見開き、眉を寄せ、口をへの字にして聴き入っている。少々心配になったので観察していると、時おり身体を前後に揺らして拍子を取るほかは、身じろぎもしない。4分ほど過ぎたところで、いっそう目を大きく開き、仰け反ってブルブル震えた。すごく美味しいものを食べた時と同じ反応である。5分余りの曲が終わると、ヘッドホンを外して言った。「もっと聴きたい」

 次は、もう少し子供向けなのを、と「天国と地獄」をかけたら、すぐにヘッドホンを外して、「さっきのがいい」。再び目を見開いて聴き入っている。やばい。いとけない姪っ子に、「禁断の音楽」を聴かせてしまったのではあるまいか。

 半分ほど過ぎたところで、横浜のパパから電話が掛かってきて、さすがに集中が途切れる。ヘッドホンを外して部屋から出て行ってしまう姪の後姿を見送りながら、ちょっと安堵した。

|

危ない

 昼前に、文庫のゲラ到着。ひとしきり進め、13時になったので昼食の準備。ベーコンエッグと水菜のサラダ(手で千切っただけ)、トースト。頭の中はゲラのことでいっぱい。気が付くとトースト二枚が煙を上げている。ベーコンエッグも危ないところだった。

 父(60)は表面が炭化したトーストを拒絶する。

「わしゃあ早死にしたくないんじゃ」

 しかたないので新たに二枚トーストし、黒焦げトーストは二枚とも私の胃にジャリジャリと収める。

 早死にするかもしれません。

|

文庫版が出ます

 4月下旬に、『グアルディア』の文庫版が出ます。上下2冊になります。現在、ゲラ待ち。

 著作リストへの追加は、amazonにデータが掲載されてからにします。

|

トップページ | 2007年4月 »