« 危ない | トップページ | 『イーリアス』を楽しく読む »

情操教育?

 引き続きゲラ。なんというか、三年前の攻防再び、だなあ。

 先日、妹Ⅰ(二人いるうちの上のほう)と3歳になる姪が横浜から訪ねてきた。姪は1歳かそこらの頃から、私の部屋に来ると音楽を聴きたがる。クラシックがお気に入りだ。で、音楽に合わせて踊る。私も踊るよう要求する。おててつないで一緒にくるくる回る。

 今回は、座ってヘッドホンで聴くことを憶えた。とはいえ3歳児なので、1分も経たずにヘッドホンを外して、「これ、なんて音楽?」「ほかの聴きたい」と言う。そんな姪っ子に、どんな反応をするかと「ワルキューレの騎行」をヘッドホンで聴かせてみた。曲が始まった途端、凍り付いてしまった。音が大きすぎるのかと思ったが、そうではない。目を見開き、眉を寄せ、口をへの字にして聴き入っている。少々心配になったので観察していると、時おり身体を前後に揺らして拍子を取るほかは、身じろぎもしない。4分ほど過ぎたところで、いっそう目を大きく開き、仰け反ってブルブル震えた。すごく美味しいものを食べた時と同じ反応である。5分余りの曲が終わると、ヘッドホンを外して言った。「もっと聴きたい」

 次は、もう少し子供向けなのを、と「天国と地獄」をかけたら、すぐにヘッドホンを外して、「さっきのがいい」。再び目を見開いて聴き入っている。やばい。いとけない姪っ子に、「禁断の音楽」を聴かせてしまったのではあるまいか。

 半分ほど過ぎたところで、横浜のパパから電話が掛かってきて、さすがに集中が途切れる。ヘッドホンを外して部屋から出て行ってしまう姪の後姿を見送りながら、ちょっと安堵した。

|

« 危ない | トップページ | 『イーリアス』を楽しく読む »

日常」カテゴリの記事