« 視線その他の問題について | トップページ | 盆も正月もあるものか »

反省反省

 えーと、もうじき今年も終わるということで、ちょっとここ三年ばかりを振り返ってみました。

 2005年は、のっけから『ミカイールの階梯』のプロットが行き詰ってぐるぐるして、状況打開に繋がるかもしれない、と3月からノベライズを引き受け、そのまま11月まで掛かりっきりでした。

 2006年、前年末から練り直してた『ミカイール』のプロットが、うまくいきそうな感触を得たところまではよかったんですが、1月末のメキシコ旅行以後、迷走。原因は……ものすごーくつまらない「家庭の事情」によるスランプでした。なんというか、半年かけて廃人化して、半年かけて甦生した一年でした。駄目すぎる。ごめんなさい、もうしません。

 で、今年。1月~4月は『ラ・イストリア』および文庫版『グアルディア』。5月6月は調べ物期間だったのはまあいいとして、7月~9月は駄目駄目でした。いやその、没入しないと書けない、というONかOFFしかないスタイルをどうにかしようとして、悪あがきに終わった期間でした。特に9月はマンションの自治会の引継ぎ作業を執筆と平行してやろうとした結果、いろいろと大変なことになってしまいました。いや、ほんと大変だった。10月からはとりあえず順調です、とりあえず。というわけで、このまま来年もがんばります。

 小説を書き始めたのは1999年、デビューは2004年ですが、その期間に書いた作品はわずかです。短編はともかく長編はONかOFFしかないので、働いてない時期しか書けなかったからです。いや、お恥ずかしい(いろんな意味で)。で、当時から現在に至るまで、長編を一本書き終えるごとに、「小説の書き方」を忘れてしまいます。一作ごとにスタイル(文体その他)を変えているので、毎回リセットされるのは結構なのですが、技術的なことまで忘れてしまうのは、まったくもって困ったことです。書いているうちに、いろいろ思い出してはくるんですけどね。今年、あれこれ悪あがきしたのも、自分にはONかOFFしかない、というのを忘れていたのが原因のような気もします。次回は忘れないよう、気をつけます。でも、一度に二つ以上のことができる人が羨ましい。私もそういう人になりたいです。という憧れを持ち続ける限り、またいつか同じ悪あがきをやってしまいそうな気がする。

|

« 視線その他の問題について | トップページ | 盆も正月もあるものか »

日常」カテゴリの記事