« ジェシー・ジェームズの暗殺 | トップページ | ゾディアック »

ムンク展

 兵庫県立美術館。コンセプトは「装飾画家としてのムンク」。ムンクは自分の作品を連作と見做し、フリーズ(壁画というか壁面装飾)として建物を装飾する「芸術の礼拝堂」を構想していたそうだ。「叫び」「不安」「吸血鬼」といった代表的な作品が、これに含まれる。ただし絵の配置等の構想が予めあってそれに従って描いていた、というわけではなく、晩年に至るまでアトリエで繰り返し自作を並び替え、試行錯誤していた(で、結局構想は実現しなかったのである)。

 ムンクといえば頽廃的で見る者の不安を煽るような絵、という印象が強くて、装飾画家という彼自身の認識はひどく意外なのだが、当時の彼の社会的位置付けからはそう掛け離れたものではなかったようだ。事実、「生命のフリーズ」(「芸術の礼拝堂」)構想とは別に、個人住宅や劇場、大学、市庁舎など多くの建物の壁面装飾を手掛けている。それらはいずれも一点ものではなく、それぞれのテーマの下に構成されたシリーズであり、明らかにニーズに沿って画風を変えている。意外に器用な人だったんだなあ。

 画風という点から順番に見ていくと、全108点のうち前半の62点が第一章「生命のフリーズ」と題され、作品とその習作およびスケッチに大別される。スケッチには額縁のデザインや複数の作品の配置などもあり、ムンクが鑑賞される時のことまで考えて作品を描いていたことがわかる。ムンクの線画はクリムトに似ている。生と死、性といったテーマは共通しているけど、彩色画だとタッチも色使いも全然違うから、似てると思ったことはなかったんだが(でも「吸血鬼」の女性の赤毛はちょっとクリムトっぽいかも)。「吸血鬼」といえば、これは同時代の作家の命名で、ムンク自身は「文学的すぎるタイトルだ。これは単に女が男のうなじにキスしている絵に過ぎない」と述べたそうな。

 後半は依頼されて描いた壁面装飾。オスロ市庁舎の「労働者フリーズ」は、ムンクと聞いて思い浮かべるうねるような曲線や複雑な色彩とは異なり、直線的な構成で無彩色に近い。子供部屋のためのシリーズやチョコレート工場の社員食堂の壁画は明るい色彩が中心である。晩年、ナチスに「頽廃芸術」のレッテルを貼られてるし、現在でも頽廃的とか難解という評価が一般的だと思うが、実際には画風は多彩だし、当時の評価も多様だったんだろうな。壁画は持ってくるわけにもいかんから習作の展示だったんだが、ここでも彼は絵の配置を熟慮していたことが明らかだ。ムンクの作品は細部が描き込まれておらず、勢いだけで描いただけのように見えるものが多いが、実は綿密な計算の下に成るものである(完成作より緻密に描き込まれた習作も展示されていた)。

 美術館を出た後、神戸駅に移動。阪急1階にはいつも何やらいろいろオブジェが展示されてるんだが、今回は三国志の登場人物の巨大な像(高さ3mはある)が古代ギリシアの競技(槍投げとか円盤投げとか徒競争とか戦車競技とか)をやっていた。古代ギリシアの競技(=オリンピック)+三国志→北京オリンピックなのだと理解するのに数分を要する。

 東洋史専攻だが、三国時代にも『三国志演義』にも興味はない。しかし東洋史専攻なので一通りのことは知っている。像は12体で、4体ずつ衣装が紫、緑、赤に色分けされている。紫が蜀、緑が呉、赤が魏ということになってたんだが、魏に入れられてたのが曹操、司馬懿、呂布に董卓だった。入れるとしたら魏に入れとくしかないんだろうけど、曹操お気の毒。唯一の魏の人間も司馬懿だし。一緒にいた友人(アメリカ人)が「なんなんだ、このサムライは」と言うので訂正する。「いや、チャイニーズ・ウォリアーだよ。えーと、サンゴクシって知ってる?」 「あ、知ってる。サンゴクシタイセン」

 三国志大戦は知ってても、中国武将と侍の区別はつかないものなんだなあ、やっぱり……

|

« ジェシー・ジェームズの暗殺 | トップページ | ゾディアック »

鑑賞記2008」カテゴリの記事