« お蔵出し2 | トップページ | ゼア・ウィル・ビー・ブラッド »

お蔵出し1

 ふと思い立って、未発表の短編を上げてみることにしました。「本を買ったり借りたりする前に、仁木稔の作風を知りたい」という需要があるかもしれない、と思い付いたからです。未発表というのは要するにデビュー前に書いて、どこにも応募してないもの、ということですが、短いし(400字詰め22枚)、話もきれいにまとまっているので、この目的には相応しかろうと思うのです。

 ジャンルは異世界ファンタジーになります。私は異世界ファンタジーのいわゆる世界設定が作れないので、長編で書くことはないでしょう。短編なら世界設定をあまり作り込む必要がないので書けますが、今のところ書こうという気になりません。というわけで、これが最初で最後かもしれない。私にとって異世界ファンタジーとは、何よりもまず70年代半ばから80年代初めの海外女性作家作品なので(マキリップとかタニス・リーとかジェイン・ヨーレンとかエリザベス・A・リン)、この短編もその辺りを目指しています。

 また、耽美風美形が登場するのも珍しい。実は美形や耽美といったものは苦手なのです。しかし80年代以降のファンタジーやSFは国産も海外ものも美形だらけで(タニス・リーも初期は必ずしも耽美じゃなかったのにな)、私はなんとなく違和感を覚えながらも、それが苦手だという自覚を持たずに来てしまったのでした。で、この短編で初めて美形、しかも耽美風キャラを出してみたものの、ついついおひゃらけた言動を取らせてしまい、その次の長編で再チャレンジしたら、途中で飽きた。まあ、取り澄ました美形より突っ込み易い隙のある美形のほうがもてる、という意見もありますしね(沙村広明『おひっこし』より)。仁木稔作品では、美形キャラ自体が希少なわけですが。

 といった相違点もありますが、この短編はいろんな意味で仁木稔らしさが出ていると思います。書いたのは確か2000年、小説を書き始めて1年くらいしか経っていない頃ですが、仁木稔ができるまで、というよりすでにいろいろ出来上がっちゃってるのが笑えます。佐藤先生にも「おもしろい」と言っていただいた作品なので、今晒してもあまり恥ずかしくはありません。全然恥ずかしくないわけじゃありませんが。

 タイトルは『鴉の右目の物語』。当たり前ですが、著作権は仁木稔にあります。

 縦書きでまとめて読みたい方は、こちらからダウンロードしてください(54.6KB)。

「crow.pdf」をダウンロード

 ブログ形式で構わない方は、以下からどうぞ。六分割になっています。

鴉の右目の物語

 西の森の入り口で、娘は一羽の鴉を見た。

  道に張り出した黒松の枝先に止まったその鳥は、左半身を娘の方へと向けていた。歩いてくる娘に気がついたのか、キロリと左目を動かした。

  目玉は青かった。軽い違和感をおぼえたものの、さして興味も惹かれず娘は黒松の下を通り過ぎようとした。首を捻るようにして、鴉は真正面から娘を見た。彼女は初めてぎくりとした。

  右目の在るべき場所には、その羽よりもなお黒い、虚ろな穴が開いていた。

  立ちすくんだ娘に向かって馬鹿にしたように一声鳴くと、鴉は枝を揺らして飛び去った。

  魔除けの印を結ぼうとして上げた手を、彼女は途中で止めて考えた――鴉一羽がもたらす程度の災いなんて、今更どうってことはない。

  軽く頭を振ると、再び歩きだした。

  西の森は何百年にもわたって人の手が入り、温和で柔順である。危険な獣は滅多に姿を見せない。鹿や狐、兎などが多く棲息し、絶好の狩場となっている。有用植物も豊富だ。娘は歩きながら薬草を摘み、小脇に抱えた籠へと放り込んだ。立ち止まってじっくり確認したりはしない。どの植物がどの症状に効くのか――或いは効かないのか――幼いころから熟知しているのだ。

  娘の母親は、村の薬師だった。腕は良かったが、村人たちからは敬われるよりも疎まれていた。流れ者だった父は娘が生まれる前に村を去っていた。二年前死んだ母から娘が受け継いだのは、薬師の知識と技術、それと村に於ける位置だった。

  器量は決して悪くない。肌は白くなめらかで、太い三つ編みにした褐色の髪は艶やかだ。だが表情は頑なで言葉には刺がある。村人たちは治療に感謝せず、彼女もそれを求めない。彼女の態度と周囲の仕打ち……どちらが原因であるかなど、論じても詮無いことであろう。

  真夏の陽光が枝葉を透かして地面に落ち、草いきれが立ち込める。時折額の汗を拭いながら、娘は一心不乱に薬草を摘んだ。その姿を村人が目にしたら、亡母に生き写しだと評したに違いない。

  小さな光に目を射られ、彼女は足を止めた。

  陽差しの降り注ぐ空き地だった。茨の茂みの上で、何かが日光を反射している。籠を地面に置くと茂みに歩み寄り、慎重な手つきでそれを摘み上げた。

「なんだろう、これ……すごくきれい」

  親指と人差し指の間で光るのは、青く透きとおった小さな珠だった。宝石としては非常に大粒だが、或いはただのガラス玉かもしれない。だがそんなことはどうでもよかった。それはとても美しい物だった。

  腕を挙げ、頭上にかざす。真昼の光に透かしてなお、珠は空よりも青かった。

「お嬢さん」

  背後から声をかけられ、娘は文字どおり飛び上がった。勢いよく振り返る。同時に、珠を握り締めた手を背に回した。

  空き地の端にけやきの大木がそびえている。その二股に分かれた枝の間に、青年が一人うずくまっていた。この暑さに全身を黒い衣で包み、その上を更に同じ色の長い髪が覆う。立てた両膝の上に乗せた手と顔だけが、対照的に白かった。

「驚かせてすまないね、お嬢さん」

  吟遊詩人も斯くやという美声で、青年は再び呼びかけた。口調は打ち解けて親しげで、些か馴れ馴れしいほどだった。

  娘は一歩後退った。登場の仕方もさることながら、彼の容姿はあまりに異様だった。陽炎が立つほどの暑気の中で、造り物めいて整ったその顔は時季外れの霜のように白く、上気すらしていない。

  瞳は青かった。数歩離れた娘の位置からもはっきりと判る。但し左目だけ。右目には黒い眼帯が掛けられていた。

「怖がらなくていい。俺はただ、宝を返してほしいんだ」

「宝?」問い返しながら、娘は青い珠を握った手に力を籠めた。

「そう、宝」

  眼帯に覆われていない左目を細めて、青年はにっこりとした。背筋が寒くなるほど冷たく、優しい微笑だった。「あんたが手の中に隠している珠だよ。うっかり無くしてしまってね。ずっと探していたんだよ」

  警戒しながらも、娘は一つの確信に至っていた。背に回した拳はそのまま、大きく一歩踏み出す。「いいよ、返してやる。だけどその前に、お礼をしてもらわないとね」

  青年は形の良い眉を吊り上げた。

「ひどいな。ただで返してはくれないのか」

「あんたが人間なら、そうしてもいい」ひきつった笑みで答える。「だけどあんたは妖魔だ。人間に何かを要求する時は、相手の望みをなんだって叶えてやらなきゃならない筈だ。そうだろ?」

  詰問に対し、青年は再び微笑した。緑の葉影と木漏れ日が、白い手と顔をまだらに彩っている。

「しかし、よく見抜いたものだね」

「それくらい、わかって当然さ」

  娘はわずかだが緊張を解いた。

「それで人間に化けたつもりかい?  角や尻尾を隠せばいいってもんじゃないよ。そのきれいすぎる顔じゃあ、男は妬むし女だって用心する。格好も普通じゃないしね……」

  勢いよくまくし立てる娘を、青年――妖魔は青い左目を瞠り、小首を傾げて眺めている。その様は巨大な黒い鳥のようだった。

「……そうやってもっと巧く化けて、あたしと一緒に暮らすんだよ」

  そう締めくくった彼女に、妖魔は左目をしばたいた。

「それがあんたの望み?」

「そうさ」あいた手を腰に当て、胸を張る。握った拳は、いつのまにか脇に垂らしていた。「三年……いや二年でいい。その間あんたは普通の人間の男として、あたしと一緒に暮らし、一緒に働くんだ。それがあたしの望みさ」

「妖魔の女を妻に望む人間の男は多い。妖魔の夫を望む女も、いないわけじゃない。だけどなぜ、もっと長い期間にしない?  あんたが一生側にいろと望んでも、俺は従わなくちゃならないのに」

  娘は肩をそびやかした。「あたしをなめるんじゃないよ。妖魔のやり口はお見通しさ。一生なんて望んだら、あんたは即座にあたしを殺すつもりだろう」

  妖魔の微笑が深くなる。

「だいいち妖魔の夫なんて願い下げさ。あんたは働き者の良い夫を演じるだけでいいんだ。二年経ったら二人で村を出る。知ってる人間が一人もいない町に着いたら、あんたはお役御免だ。お宝はそのとき返してあげるよ」

  娘は言葉を切った。無言の対峙がそのあとに続く。昼下がりののどかな光景に、妖魔の姿は落とされた一点の染みだった。

  先に口を開いたのは妖魔だった。

「奇妙な願いだ……契約を結ぶ前に、わけを聞かせてほしいな」

「わけも何も……」肩を竦めると、編んだ褐色の髪が揺れた。「過ぎた願いは身を滅ぼす、それを知ってるだけさ。幸せは他人に与えられるものじゃない、って母さんは言ってたけど、あたしもそう思うね。ましてや妖魔になんかさ。

  いずれこんな村は出て行ってやるつもりだったんだ。大きな町へ行って、自分の運を切り開くんだ。ただ……」

  言い澱み俯き、再び顔を上げて強い口調で切り出す。

「ただ、あたしと母さんを馬鹿にした連中に、追われるようにして村を出るのは嫌だ。あたしを大事にしてくれる人と、手を取り合って旅立つ……奴らにはそう思わせたいんだ」

  優しげな笑みをたたえた隻眼が、挑戦的な双眼を見返す。ややあって薄い唇が動いた。「わかったよ。その願い、叶えよう。ただし契約を破り、宝を返してくれなかった場合、あんたを待つのは死だ。それを忘れるんじゃないぞ」

  言い終えると同時に、妖魔は樹上から身を躍らせた。黒髪と黒衣がふわりと広がる。

  次の瞬間、娘の前には人間の青年が立っていた。地味な旅装束に身を包んだ、どこから見てもただの人間。背の半ばに達する黒髪と、日に焼けていない肌、長く細い指などは農民や商人というよりは貴族のものだ。だが不自然ではない。異様なまでの美しさは和らげられ、人好きのする雰囲気に置き換わっていた。

  冬空よりも青い左目と黒い眼帯に覆われた右目だけは、変わらずそこに在った。

           2へ

|

« お蔵出し2 | トップページ | ゼア・ウィル・ビー・ブラッド »

お蔵出し」カテゴリの記事