« 佐藤亜紀明治大学特別講義Ⅰ | トップページ | お蔵出し5 »

お蔵出し6

鴉の右目の物語 6

「女に魔術の心得は無かった。妖魔を想う一念が、宝珠と己が身を繋いだのだ。妖魔は女の胸を裂き、心臓ごと宝珠を取り出した。女は翌日発見された。町の役人は単純な殺人と判断し、それ以上の捜査は行わなかった。亡骸は共同墓地に葬られた」

  黒マントの青年は口を閉ざし、わずかに身じろぎした。それきり言葉は発せられず、理髪師は物語が終わったことを察した。

「なかなか興味深い話だった」禿頭を一つ撫で、理髪師は感想を述べた。「つまり妖魔と契約を結ぶのは愚か、情を求めるのはもっと愚かだというのだな。しかしその女も、愚かだが哀れだな。最初から村人たちが親切にしてやれば、馬鹿な考えなど起こさなかっただろうにな」

  語り手は沈黙を守った。理髪師は続ける。

「で、その妖魔はどうなった?  徳の高い神官にでも調伏されたのだろう?」

「いいや」

  やわらかい声音で、語り手は答えた。

「その妖魔を知っていたのは、殺された薬師の女のみ。事の顛末を知る者は誰もいない」

「では、なぜあんたは知っている?  ただの作り話か、これは?」

「いいや」

  再びやわらかな声音が発せられる。

「この山を越え二里ほど南へ向かうと、薬師の夫婦が住んでいた村がある。村人たちのなかには、まだ彼らを覚えている者もいる」

  ……では、なぜあんたは知っている?

  理髪師は、口をわずかに開いたまま絶句した。悪寒めいたものが背筋に忍び寄る。

  そうだ、鴉だ――物語の最初に登場したきりの青い隻眼の鴉。妖魔が獣に姿を変えるのはよく聞く話だ。あれは妖魔だったに違いない。

  大樹の下に駆け込んで一息ついていた時、理髪師は奇妙な物音を耳にした。まるで巨大な鳥が羽ばたいたかのような……振り返ると、そこに黒マントの人物が佇んでいたのだ。

  巨大な鴉のように。

  思わず頭を振る。まさか、そんな馬鹿なことが。先刻、語り手が身体の向きを変えた際、フードの下の顔がちらりと覗いた。白い貌は彫像のように整っていたが、確かに両目とも揃っていた。

「雨が上がったな」
 その声に、理髪師はびくりとした。彼の狼狽ぶりなど意に介さず、語り手は立ち上がった。空を覆う雲は、光を白く滲ませている。だが雨は霧に変わり、面紗のように周囲を包み始めていた。

「人間の情など妖魔は持たぬ」

  空を仰ぎ、独りごちるように彼は呟いた。一陣の風が吹き、フードを撥ね除ける。肩に背に、黒髪が流れ落ちた。

「青い宝珠は女の血に染まり、色を変えていた。元に戻すのは妖魔にとって造作も無いことであったが……」

  振り返り、彼は理髪師に面を晒した。非人間的なまでに美しい白皙に光る双眸。

  左は青、右は紫。

「……っ」

  理髪師は立ち上がろうとした。逃げるつもりだったのか、逆に相手に詰め寄ろうとしたのかは彼自身にも定かではなかった。どのみち腰を抜かしていたのだ。

  もはや理髪師には一瞥もくれず、青年――もしくは妖魔は歩きだした。黒い衣と黒い髪が、翼のように翻る。その姿は霧に飲み込まれ、たちまちのうちに見えなくなった。

                                                                        (了)

|

« 佐藤亜紀明治大学特別講義Ⅰ | トップページ | お蔵出し5 »

お蔵出し」カテゴリの記事