« イースタン・プロミス | トップページ | グッバイ、レーニン! »

ドラムライン

 BSで放映。ニューヨークからスカウトされてアトランタの大学のマーチング・ドラムに入部(って言うのか?)した若者のお話。マーチング・ドラムを除けば何も残らない作品なんだが、そのマーチング・ドラムがとにかくかっこいい。変なユニフォームまでがかっこよく見えてくる。撮影もいいんだろうな。

 ところで、新人しごきの過程は様式美の域まで達した「モンタージュ」方式で綴られるのだが、新入生の一人が、「高校のバンドは軍隊式だったけど、ここは違う」みたいなことを言う。あれが軍隊式じゃなかったら、軍隊式ってどんなんだ。

|

« イースタン・プロミス | トップページ | グッバイ、レーニン! »

鑑賞記2008」カテゴリの記事