« ククーシュカ | トップページ | 佐藤亜紀明治大学特別講義Ⅲ-1 »

ジョットとその遺産展

 損保ジャパン東郷青児美術館。ジョット・ディ・ボンドーネ(1267頃‐1337)本人の作品はテンペラ画二点とフレスコ画、ステンドグラスが各一点の計四点だけだったっけな。後は弟子たちの作品や彼に影響を受けたルネサンス初期の画家まで。
 規模の小さい展覧会だったので、客数もそれなり。エレベーターの前で、年配の修道女二人と行き違いました。なるほど、そういう客層もありか。

 この時代の西洋絵画を観るのは初めて。作品ごとの保存状態の違いがかなり大きい。
 サン・フランチェスコ大聖堂やスクロヴェーニ礼拝堂の壁画は、持って来るわけにいかんので写真のパネルが展示されていたが、これらの写真はかなり鮮明で悪くなかった。スクロヴェーニ礼拝堂にはラピスラズリの青顔料が大量に使われている。当時のイタリアがそれだけ豊かだったということである。

 ジョットもその弟子たちも、作品は絵それ自体がメインではなく、あくまでほかの何かを飾る役割しか持っていない。ほかの何かというのは、もちろんキリスト教に関係した建築や小道具だ。祭壇画でいえば、祭壇の形状とか枠の装飾とかと一体になって、初めて一個の作品となっているわけだ。絵本体でも、金箔部分に微細な線刻がびっしり施されてたりして工芸的だ。
 建物や風景は画面に小さく押し込まれていて、なんとなく絵本っぽい。子供の頃読んだ絵本の挿絵って、今思い返してみると初期ルネサンス以前か20世紀絵画の影響を受けたものが多かった気がする。
 ジョットの「革新的な表現」も、人物の個性を表すところまでは行ってないんだが、イエス誕生の場面の父ヨセフだけは、憮然とした様子なのがおもしろい。
 タッデオ・ガッディをはじめとする弟子たちの作品では、表現がさらに多様になってくるんだが、1340年代のペスト禍以降は再び硬直した画風が支配的になってしまう。

 1380年代になるとジョットの画風が復権し、ルネサンスの開始ということになる。一番最後はマゾリーノ・ダ・パニカーレ(1383‐1447)。

 しばらくブログの更新がやや間遠になるかと思います。あんまり時間がなくなってきた、というとまるで今まで暇だったみたいだから、そういうことは言わない。

|

« ククーシュカ | トップページ | 佐藤亜紀明治大学特別講義Ⅲ-1 »

鑑賞記2008」カテゴリの記事