« 大琳派展 | トップページ | 佐藤亜紀明治大学特別講義Ⅳ-1 »

迷子の警察音楽隊

 イスラエル映画。一応ネタばれ注意。

 1990年代(と思われる)、エジプトの警察音楽隊が文化交流のためイスラエルに派遣される。空港に着いてみると、出迎えが来ていない。隊長のトゥフィーク以下、ヘブライ語は一言も話せない。トゥフィークは文化センターに英語で電話を掛けてみるのだが、あまりにも訛りが強すぎて英語だと判ってもらえず、切られてしまう。
 団員たちは大使館に連絡を取ることを提案するが、トゥフィークは自力で目的地の文化センターに行くことを決意。どうやら警察音楽隊は解散させられる瀬戸際にあり、トゥフィークとしては他人に極力頼りたくないらしい。

 トゥフィークは若いカーレドに命じて、文化センターのあるペタハ・ティクバまでの切符を買わせる。ところで、アラビア語はpの発音が無いから外国語のpはbに置き換えられる(例えばペテロは「ブトルス」になる)、とものの本には書いてあるが、少なくともエジプト方言ではpが無いというより、pとbの区別が無いみたいだな。音を聞き分けられないだけじゃなくて、発話でも区別してない。日本人が中国語の有気音と無気音を区別できないのと同じか。
 だからカーレドが「ペタハ・ティクバ」と言うのを、チケット売り場の職員は「ベイト・ティクバ?」と訊き返し、カーレドは「そう、ペタハ・ティクバ」。そして一行が到着したのは、荒野の町ベイト・ティクバだった。カーレドの責任だ、と激怒するトゥフィーク。

 楽器を担ぎ(もしくは引き摺り)、とぼとぼとバス停へ戻る水色の制服の警察音楽隊。しかし翌日までバスはなく、ホテルもない町で一晩過ごすことになる。食堂の女主人ディナは、親切にも彼らに宿を提供してくれる。総勢八人の隊員のうち、三人が食堂に、二人がディナのアパートに、三人が食堂の「客」イツィクの家に。

 ベイト・ティクバは町といっても荒野のど真ん中にぽつんと建つ団地群で、公園に樹木の一本も植えられていない、死んだような場所である。そこへ迷い込んできた「異人」たち……という発端から期待されるようなドラマは、何も起こらない。

 イツィクが妻の誕生日だというのに、ディナの要請を断れなかったのは、彼が一年も失業中で、毎日食堂に入り浸っているからである。押しかけてきた客に、家族は当然いい顔はしない。それでも双方、なんとか交流を試みるも、どこまでもぎこちない。男たちが皆で「サマータイム・ブルース」を口ずさんだり、隊員の一人が演奏を披露したりするのだが、そこから先がまったく盛り上がらない。単発なのである。まあ「冷戦中」のイスラエルとエジプトとで、そんなに都合よく「心温まる交流」が生まれるはずもないのだが。

 しかしディナは一人、ドラマチックな展開を期待していたのであった。同じ町に住む男と結婚して離婚し、前夫は別の女と結婚してまだ同じ町に住んでいる。それでも別の場所へ移り住むこともできない人生に、突如として異国の男たちが飛び込んでくる。しかもエジプト人である。彼女の娘時代、TVでは毎週エジプト映画の時間があったのだ。どうやらエジプト映画はやたらとドラマチックで異国情緒たっぷりであり(主演はオマー・シャリフ)、イスラエルで絶大な人気を博していたらしい。

 そんなドラマを期待して、彼女はトゥフィークにあからさまな誘いを掛ける。若くて二枚目のカーレドではなく、初老のトゥフィークを狙ったのは、美人だが中年の自分に自信がなかったからだろう。しかしトゥフィークはあくまで堅苦しく、礼儀正しい。
 それでも少しずつ二人は打ち解けるのだが、食事の後、トゥフィークはディナに、息子と妻の死に責任を感じていることを告白する。つまり、彼女の誘いには乗れない、と告げるのである。

 ドラマチックな展開は起こらない。「交流」らしい交流も生まれない。それでも、この「接触」によって、双方に変化は生じるである。食堂従業員の青年はカーレドのアドヴァイス(言葉によらない)によって女の子の扱い方を学び、反目していたトゥフィークとカーレドは共にチェット・ベイカーのファンであることを発見し、二十年間も協奏曲を完成できずにいるクラリネット奏者はイツィクのアドヴァイスでほんの少し作曲を進めることができる。

 難を言うなら、食堂に泊まった三人に、ほとんどスポットが当てられなかったので、多少バランスが悪い。一人ひとりの「人間ドラマ」は別にいらんけど、ただバランスの問題として。

 この警察音楽隊のレパートリーは、「伝統的なアラブ音楽」なのであった。しかし民族楽器はカーヌーンぽい弦楽器(しかし伝統的なカーヌーンよりかなり小さく、装飾もない)くらいで、ほかはヴァイオリンにクラリネットやトランペット、チェロなどまったくの西洋楽器である(打楽器はどうだったけな)。トルコの軍楽みたいな折衷っぽいアレンジをしているのかと思ったが、これが「伝統的なアラブ音楽」なのであった。なかなか興味深かったんだけど、演奏シーンはとても短くて、これもまた残念。

|

« 大琳派展 | トップページ | 佐藤亜紀明治大学特別講義Ⅳ-1 »

鑑賞記2008」カテゴリの記事