« ブーリン家の姉妹 | トップページ | 迷子の警察音楽隊 »

大琳派展

 東京上野。なんじゃこりゃっていうくらい混んでいる。いや、観に来たくて観に来てる人ばっかりだから、いいんだけどね。開催期間が短いのも、仕方ないことだし。しかしあれだけ混んでると、やはり作品よりも人混みの印象ばかりが残ってしまうのであった。

 一番観たかった光琳の燕子花図屏風の公開が、知らぬうちに終わっていてものすごくがっかりする。酒井抱一の燕子花図もあったけど、うぬー、劣化コピーとまでは言わんけどさ……
 先代の作品を模倣しつつ独自のアレンジを加える、という作法をよく示したのが、宗達、光琳、抱一、鈴木其一の「風神雷神図」。光琳は忠実な模写なので、描線に勢いがない。抱一はコミカルにアレンジし、其一まで行くと洗練の域まで達してるわけだが、やっぱりオリジナルが一番いいのでありました。

 偶々小耳に挟んだ女性客二人組の「フェルメール展に比べたら、これでもまだ空いてる」という言葉に、暗澹とした気分になる。

|

« ブーリン家の姉妹 | トップページ | 迷子の警察音楽隊 »

鑑賞記2008」カテゴリの記事