« マキリップ2本 | トップページ | あけましておめでとうございます »

魂の所在

 結合性双生児を洗礼させる時、何人と見做せばいいのか――聖職者たちの積年の疑問を解決したのは、トマス・アクィナスである。「心臓と頭の両方の数」で決まる。もっとも、頭はともかく心臓の数の確認は難しいわけだが。

『ヒトの変異――人体の遺伝的多様性について』(アルマン・マリー・ルロワ、みすず書房、原著は2003年刊)は動物、特にヒトの肉体に現れる変異について、発生生物学の見地から書かれた読み物である。一方で、「奇形」とされる症例の蒐集と研究の歴史についても詳しく述べられている。

 結合性双生児の原因は胚の「不完全な分裂」である、という説が一般的で、医学書でもそう説明されているが、それだけでは説明がつかないことも多いという。一方の身体から片割れの身体の一部が「生えている」状態の結合性双生児や、奇形腫(ピノコですな)なんかはそう。
 片割れから「生えている」部分があまりに不完全な場合は、「パラサイト」とも呼ばれる。

「1982年、頭の右側にパラサイトの頭がしっかりついた35歳の中国人男性が報告された。この頭には、小さな脳、二つの弱々しい眼、二本の眉、一つの鼻、十二本の歯、一つの舌、ふさふさした髪がついていた。本体の頭が唇をすぼめたり、舌を突き出したり、まばたきしたりすると、パラサイトも同じことをする。本体の頭が食事をすると、パラサイトはよだれを垂らす。神経外科医たちは、このパラサイトの頭を除去した。」

 記憶に誤りがなければ大学一回生だった91年、私は大学図書館で人体の障害について書かれた一冊の本を読んだ。ほかの症例はもはや忘却の彼方だが、「もう一つの小さな頭」を持つ中国人男性の症例だけは非常に強烈な印象を焼き付けられた。それから十年以上も経って、その本を探そうとしたのだが、タイトルは憶えておらず、91年に大学図書館で読んだ、という記憶も曖昧で、結局見つけることができなかった。
 その症例が、上記の『ヒトの変異』中の報告と同一であると見て間違いあるまい。十数年前に読んだ報告は、この男性についてもう少し詳しく書かれており、私が激しい衝撃を受けたのはその部分である。

 彼が30代になるまで除去手術を受けなかったのは、辺鄙な村の出身だからだった。都市の病院で受けた手術が成功し、医者に「気分はどうか」と問われると、「大変よい。村に帰って結婚する」と答えた(つまり、これから結婚相手を探すのである)。

 当時私は大学一回生かそこらで、そして高校時代には萩尾望都の「半神」で衝撃を受け、かつ深く感動していたのである。あの16頁で描かれた愛と憎しみ、魂の所在と行方、といった深奥かつ繊細な苦悩をぶっ飛ばす即物性! 「村に帰って結婚する」。いくら彼の場合は、片割れに意思はなさそうだからって……いや、「半神」は傑作です。傑作ですが。

 なんというか、この時受けた衝撃はある意味「半神」を超えていた。もちろん、この衝撃は「唖然とした」「呆気にとられた」という類のものであって、感動などではないが。右側頭部を殴られて、その余韻でまだフラフラしてたところを、左側頭部に回し蹴りを喰らって引っ繰り返った感じ。「……はい!?」というか「えええええええ!?」みたいな。

 この中国人男性の症例が、『グアルディア』のあるキャラクターの(というか、その「身の上話」の)モデルである。いや、こんなところで巡り合うとはね。

|

« マキリップ2本 | トップページ | あけましておめでとうございます »

諸々」カテゴリの記事