« 訃報 | トップページ | ワルキューレ »

先日打ち合わせがありまして

『グアルディア』『ラ・イストリア』と続いてきたシリーズの名前が、「HISTORIA」でいくことにとりあえず決まりました。読みは「ヒストリア」です。

 ということを決める打ち合わせではなかったわけで、シリーズ3作目の『ミカイールの階梯』が無事刊行の運びと相成りました。シリーズといっても「文明崩壊後の世界」という設定が共通しているだけで、27世紀の中南米(主に南米北部)が舞台の『グアルディア』、23世紀のメキシコが舞台の『ラ・イストリア』に対して、25世紀の中央アジアが舞台ですから、前2作と間接的な繋がりはあっても直接的な繋がりは皆無です。

 早川書房さんの都合で、わりと近いうちにお目に掛かれそうです。前作を読んでいる方も読んでいない方も、よろしくお願いいたします。

|

« 訃報 | トップページ | ワルキューレ »

日常」カテゴリの記事