« 新刊予告 | トップページ | 5月2日SFセミナー »

SFセミナー2009

『ミカイールの階梯』刊行作業のスケジュールが順調に切羽詰まってきておりますが、皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか?

 来る5月2日(土)のSFセミナー2009の夜の部(合宿企画)のパネル二つに、パネリストとして参加させていただくことになりました。どちらも評論家・翻訳家の岡和田晃氏による企画です。

・「Speculative Japan」読書会

 課題図書: J・G・バラード『楽園への疾走』(創元SF文庫)

 バラードは、何しろ出会いがクローネンバーグの『クラッシュ』だったものですから第一印象が悪くて、その後長編と短編集を一冊ずつ読んでみたけど、どうもあんまり……で、それきりでした。
 今回、岡和田氏に「『楽園への疾走』なら、きっと気に入るから」と説得されて読んでみました。はい、確かに非常におもしろかったです。というわけで、錚々たる面々に交じって、何か喋る予定です。

 もう一つは、

・仁木稔と「HISTORIA」シリーズを語る

『グアルディア』『ラ・イストリア』と続いてきたシリーズが、近刊『ミカイールの階梯』でさらなる大風呂敷を広げるのを記念して……というか、半引き籠もり状態の仁木を気遣って、岡和田氏が立ててくれた企画です。
 仁木本人は「来てくれはる人はおるんやろか」と、大いに危惧しております。どうか皆様、SFセミナーに参加したついでに、奮って御来場ください。

 5月2日(土)、全電通労働会館ホール(御茶ノ水)にて。時間帯は未定なので、決まりましたら改めて告知いたします。

 HISTORIAシリーズについて

 岡和田氏のブログ: Flying to Wake Island (岡和田氏は昼間の本会企画「若手SF評論家パネル」にも参加されます)

 SFセミナーのホームページ (本会企画、参加要項など)

|

« 新刊予告 | トップページ | 5月2日SFセミナー »

お知らせ」カテゴリの記事