« 参考文献録 | トップページ | 近頃のワタクシ »

参考文献録

『紫雲の怪』 ロバート・ファン・ヒューリック 和邇桃子・訳 早川書房 2008(1966)
 ディー判事シリーズ。
「唐代中国を舞台にしたオランダ人中国学者によるミステリ」と紹介されてるから読み始めたこのシリーズだが、実際のところ著者の意図としても、7世紀半ば(則天武后の時代)に実在した政治家狄仁傑を直接のモデルにしているのではなく、明清代の大衆文学に題材を採っている。だから舞台も考証した7世紀半ばの中国ではなく、あんまり教養のない近世中国人がイメージする「昔の中国」を西洋人中国学者のフィルターを通した世界である。

「あんまり教養のない近世中国人が(以下略)」の世界としてはよくできてると思うが、次作の参考にはならん。西域の町を舞台にした本作ならちょっとは参考になるところがあるかな、と読んでみた。
 やっぱりというべきか、7世紀半ば当時の情勢はまったく反映されていない。ミステリとしてはそこそこおもしろかったが、そもそもミステリにそんなに興味ないしな。それにしてもこのシリーズは毎回、女が意味もなく脱ぐなあ。ああ、読者サービスという意味はあるのか。

|

« 参考文献録 | トップページ | 近頃のワタクシ »

参考文献録」カテゴリの記事