« 参考文献録 | トップページ | 参考文献録 »

参考文献録

『1冊でわかる コーラン』 マイケル・クック 大川玲子・訳 岩波書店 2005(2000) (「イスラム思想」)
A very short introduction the Koran
 本文は200頁足らずだが、「1冊でわかる」という謳い文句どおり、たいへん簡潔でわかりやすい内容。
 タイトルが「クルアーンqur’an」ではなく「コーランkoran」なのは、「英語の綴りに慣れた人間にとって発音しやすいからという理由」要するに一般読者により馴染みのある表記だからという理由だが、本文(原著でも邦訳でも)では「クルアーンqur’an」に統一されている。

.

『砂糖のイスラーム生活史』 佐藤次高 岩波書店 2008 (「イスラム文化」)
 イスラームと砂糖のかかわりはすでにその初期から始まっているが、中心となるのは12~15世紀くらい。ムスリムの生活や経済に占める重要度や、まあ何より史料の多寡によるんだろう。一応全部目を通したが、ノートを取ったのは11世紀くらいまで。

「干し葡萄のジュース」って、なんかすごく濃そうだな。

|

« 参考文献録 | トップページ | 参考文献録 »

参考文献録」カテゴリの記事