« 参考文献録 | トップページ | 参考文献録 »

参考文献録

「天山の岩と泉と聖者の墓と」 濱田正美 (『ユーラシア草原からのメッセージ――遊牧研究の最前線』 平凡社 2005) (「中央アジア地誌・紀行」)
 キリスト教徒と同じく、ムスリムもイスラム化以前の聖地(本稿では自然崇拝)がイスラムの聖人崇拝に偽装されている、という話。

.

『新考 玄奘三蔵の旅』 長澤和俊 佼成出版社 1987 (「中央アジア地誌・紀行」)
 次作では舞台が長安~クチャ~天山越え~スイアーブ~ソグディアナと移動する。このルートは玄奘のルートと同じなのであった。
 玄奘三蔵のルートを辿る的な本は何冊も出てるんだが、どれもソグディアナ~インドについては詳しいが、長安~タリム盆地についてははしょってるんだよね(タリム盆地でも、帰路の西域南道についてだけ詳しかったり)。
 そんな中で、本書が一番長安~タリム盆地については詳しかった。詳しかったっつっても概説レベルだけど。そんで、天山~ソグディアナについてはおざなり。インドのとこは関係ないから読んでない。

|

« 参考文献録 | トップページ | 参考文献録 »

参考文献録」カテゴリの記事