« 参考文献録 | トップページ | 参考文献録 »

参考文献録

『イスラームの都市――アラブのまちつくりの原理』 ベシーム・S・ハキーム 佐藤次高・監訳 第三書館 1990(1988) (「イスラム文化」)
Arabic-islamic cities
 再読。二年ぶりくらいか? 今回ノートを取ったのはちょびっとだけ。
「アラブ・イスラーム都市」ということだけど、マグリブ(現在では北アフリカのこと)の諸都市が、その地域の伝統的な都市づくりの影響が最も少ない、すなわち「最も純粋な」アラブ・イスラーム都市として扱われている(ちなみに著者は両親ともイラク人なので、偏狭な郷土愛とかではない)。

 都市とその生活について、実際に施行された法律や参照された法学者の意見、ハディースなどを挙げながら論述する。

.

『イスラーム世界の都市空間』 陣内秀信(共著) 法政大学出版局 2002 (「イスラム文化」)
 再読。
 まずイスラム圏(広義の中東)の都市全般の概論。続いて各国の各都市について、全体像とバザール(スーク)や個人宅などの具体例を図版を示して解説。

 複数の著者による各論が収録されていて、それらの中には雑誌掲載されたものも初出のものもある。で、ほとんどの論文で、「イスラーム都市は一見、迷路状の複雑な構造を云々、しかしそこにはある種の計画性が云々」という主張が行われてるんで、読み進むうちに、もう解ったっちゅーねん、という気分になってくる。再読だから余計にそう思うのかもしらんが。

.

『イスラームの都市世界』 三浦徹 山川出版社 1997
 世界史リブレットのシリーズは、頁数の割には分量が多く、しかも意外に有用な情報があったりするんだが、今回は特になし(この「参考文献録」は、あくまで参考として読んだ(通読した)文献の記録なので、読んだけど参考にならなかったものも含まれています)。

|

« 参考文献録 | トップページ | 参考文献録 »

参考文献録」カテゴリの記事