« マチェーテ | トップページ | 近況 »

参考文献録

『真夜中の子供たち』 サルマン・ラシュディ 寺門泰彦・訳 早川書房 1989(1981)
Midnight’s children
 今回、参考文献として読んでいる小説の条件は、①「東アジア以外の作家による」、②「近代以前の中国北西部~中東が舞台の歴史小説」もしくは「近代以降の中国北西部~中東が舞台の幻想小説」もしくは「近似の異世界が舞台のファンタジーやSF」なので、いくら主人公がムスリムでもインド‐パキスタンは地理的条件から少々外れる。それ以上に、ラシュディ作品はなんというか読んでしまうのがもったいなかったので避けていたのである(『ハルーンとお話の海』は読んだけど)。

 しかし読むものがなくなってしまったので、とうとう読む。いや、もしかしたら上記の条件で読んだ本の中では一番おもしろかったかもしれん。けどやっぱり、インドはインド以外の何ものでもないな……
 イスラム的要素が占める割合はかなり大きいし、特に『千夜一夜』のイメージがしばしば持ち出されていて、もしかしたら欧米人にとってはインドも中東・中央アジアも一緒だということなのかもしらんが、一応東洋史研究者だった日本人にとっては、これらははっきり区別されるべきものである。

 イスラム的要素にしても、なんというかすっかりインド化している。そして本書で描かれるイスラムを包含したインドは、イスラムについて描かれないインドよりも一層混沌として豊かだ。
 印象としては、『スラムドッグ$ミリオネア』に非常に近かった。インドの凄まじい混沌や疾走感だけはなく、宗教の混淆が端的に描かれているところが。『スラムドッグ』の主人公はムスリムの少年で、母をヒンドゥー教徒たちに殺された直後、スラムの路地でシヴァ神を幻視する。『真夜中の子供たち』のインドも、そういうインドである。

『スラムドッグ$ミリオネア』感想

|

« マチェーテ | トップページ | 近況 »

参考文献録」カテゴリの記事