« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

スキャナー・ダークリー

 30年も前に書かれたディックの原作の驚くほどの「現代性」とか、デジタル・ロトスコープという技術がもたらす効果については、たくさんの人がたくさん述べているだろうから、まあキャストのこととか中心に。

 私は原作を、映画化が決定してから出た新訳(浅倉久志・訳、早川書房、2005)で読んだのだが、浅倉氏による巻末解説に主要キャスト名が載っていたため、途中から一部のキャラクターが、各々のキャストでしか浮かばなくなってしまったのであった。ロバート・ダウニーJrとウィノナ・ライダーである。

 で、実際に映画のほうを観てみると、ロバート・ダウニーJr演じる科学オタクでヤク中のバリスは、まったく想像どおりであった。
 ドナを演じたウィノナは、原作よりも落ち着いた感じでした。原作からイメージされたのはもっと若い頃のウィノナだったのである。黒髪で小柄で、ヤク中で盗癖(万引きレベルのケチな盗み)のあるエキセントリックな娘(実は見た目ほどは若くない)……十年ほど前の彼女だったらそのまんまなわけだが、ちょっと嵌まり過ぎて洒落にならんかったであろう。観てみたかった気はするが。

 キアヌ・リーヴスが主人公、というのは、原作を読んでいてもピンとこなかったのだが、キアヌの特徴は特徴がないことなので、このキャラクターを演じるのには相応しいかもしれないなどと予想していたのだが、まったくそのとおりであった。
 主人公は平凡な仕事と平凡な家庭と平凡な幸せを捨て、刺激を求めておとり捜査官になる。しかし二重生活を送るうちに、結局自分自身を見失ってしまう。スクランブル・スーツは、この「誰でもない男」を象徴するガジェットだ。ある意味、キアヌ・リーヴスのためにあるような役だと思うよ。

 原作を切り詰めているという印象はなかったものの、もう少し長くてもよかったんじゃないかと思う(上映時間は100分)。どの辺を長くしてほしかったかというと、原作のおもしろさの大きな要因の一つである、ヤク中同士の阿呆な会話だ。映画にもかなり取り入れてはいるけど、せめてもう5分間は入れてほしかったなあ(10分以上はさすがにいらないが)。せっかくロバー・ダウニーJrもバリスそのまんまなんだから。
 巧くやれば、『レザボア・ドッグス』や『パルプ・フィクション』の阿呆なだべり(あくまでこの二作のみであって、以降のタランティーノ作品のだべりは駄目)を凌駕し得たかもしれないのに、と残念に思うのであった。

|

SFが読みたい 2011年版

 2月10日は私の誕生日で、『SFが読みたい!』(早川書房)の発売日でもあるわけです。毎年これが、その先数ヶ月のブックガイドになっているのですが、今年は「サブジャンル別ベスト10」に新たに「海外文学」が加わり、さらにトピックとして「非英語圏SF」(2010年に出たもの)が取り上げてあったのが、非常にありがたかったです。

「海外文学ベスト10」は毎年恒例になるのかな、なってほしいな。トピックの「非英語圏SF」も、毎年は無理でも2、3年にいっぺんはやってほしいな。

|

チョコレート・ファイター

『トム・ヤン・クン!』『マッハ!』に比べて、技術的にずいぶん進歩している。ずいぶんハリウッド的な型に嵌りつつあるとも言え、それがいいことなのかどうかは、どうとも言いかねるが、アクションの撮り方が巧くなっていることに関しては、大変結構だと言えよう。あんだけ役者が身体張ってるのに、撮り方が稚拙じゃ気の毒だ。
 役者たちの演技のメソッドも、前作までは日本人には少々不自然に感じられたのだが、今回はずいぶん「自然」に見える。これもいいことなのかどうかはわからない。そしてまた、今回はずいぶんと「スタイリッシュ」で「アーティスティック」なものを作ろうとした痕跡が見える。アクションには撮影も含めてかなりの工夫と洗練が見られるし、アニメのシーンも結構成功してたと思うが、乾燥剤のメタファーは意味不明だ(そもそもメタファーだったのか?)。

 以下、一応ネタばれ注意。ばれて困るようなネタがあるとも思えんが。
 とりあえず、「病気の母親の治療代を稼ぐために闘う主人公」という極めてシンプルな物語である。そのシンプルな物語に、ヒロインがある種のサヴァンで、目にしただけの他人の動作をコピーすることができる、というアイデアは悪くない。日本に於ける宣伝では(DVDのパッケージも含めて)、彼女は自閉症だと説明されているが、作中では一言も自閉症だとは言っていない(単に邦訳しなかったのではなく、本当にダイアログにないのだろう)。インタビューによれば、監督も自閉症でそのような能力が確認されていないことは承知している。

 そういうわけで、「ヒロインの戦闘能力の説明」と「ヒロインが戦う理由(=母親の病気)の説明」が済めば、後は華奢な少女がひたすら敵を叩きのめし続けるだけの映画である。しかし、物語に膨らみを持たせようとでも思ったのか(これも「アーティスティック」志向の表れであったかもしれない)、シンプルにヒロインが賭けトーナメントで勝ち進む類の展開にはせず、母親の過去に因縁があることにしたために、途中から「格闘技もの」であることがまったく不合理になってくる。
 いや、こういう話に合理も何もないんだけど、銃を持ってるマフィアが、なぜ素手(武器はせいぜい棒や包丁)にこだわり続ける?

 で、母親の過去の因縁というのが、彼女はかつてタイのマフィアの情婦で、タイに進出してきたヤクザと道ならぬ恋に落ちて……というものなのであった。相手がヤクザである必要が、日本人である必要が、少なくとも作品上あったのか? 別に阿倍寛は嫌いな役者じゃないが、いなくてええやん。
 或いはもしかしたら、クライマックスに至る長々しい戦闘シーンが日本風の店で行われ、日本刀が持ち出されたりするのは、青葉屋を意識したのかもしれない。まあジャージャーのアクションは、ユマ・サーマンよりずっと見ごたえがあったけどね。彼女が一人一人敵を倒している間、黒幕のマフィアは彼女の母親(彼にとっては元情婦)を人質にとってまでいながら、木偶の坊のように突っ立っているだけなのであった。そこへ阿部寛が救援に駆けつける。それまで素手で少女と闘っていた戦闘員たちは、ちょうどその場にあった日本刀を持ち出してくる。対する阿部ちゃんは泰然と丸腰である。白刃を振りかざして襲い掛かるタイ人たち。まさか彼も格闘技を? と、いきなり阿部ちゃんは拳銃を抜いて「パン! パン! パン!」とやったので、笑ってもた。しかしその後、阿部寛はタイ人から日本刀を奪ってそれで闘い始めたので、どうやらあれはギャグではなかったらしい。

 まあヒロインが可愛いのでなんでもいいです。
 前作もそうだったが、エンドクレジットにはメイキングが入っている。本篇から想像される以上に痛々しく、まじで顔から血の気が引いた。

『トム・ヤン・クン!』感想

|

バロン

 テリー・ギリアム監督作。
 バロン(男爵)は要するにミュンヒハウゼン男爵で、脚本はオリジナルだが、細かい要素やエピソードの多くは「ほらふき男爵の冒険」からそのまま採られており、その使い方に感心する。
 18世紀の「理性の時代」に尾羽打ち枯らした老人として登場するミュンヒハウゼン男爵の、法螺と冒険の間を行き来する造形が素晴らしく、これが作品全体を支えている。しかし同時に、「どっかで見たような……」感が拭えなかったのであり、これは1988年公開のこの『バロン』が「どっかで見たような……」なのではなく、ギリアムの後の作品である『ブラザーズ・グリム』と『Dr.パルナサスの鏡』が、『バロン』の諸要素の反復を多く含んでいるわけなのだが。で、どちらも『バロン』ほどの勢いはない。

 まあほかに気になったことといえば、女の子が素晴らしく可愛くて、ギリアムはこういう色素が薄いタイプの子が好きなんだろうか、とか思ったり。
 ロビン・ウィリアムズはどっちかというと嫌いな役者(暑苦しいから)なんだが、本作での首が取り外せる月面の王さま役は下品な感じでよろしい。

|

ミッション・クレオパトラ

 原作はフランスの昔のコミックで、原作を知らなきゃ解らないと思しきネタが多々あったが、それらを差し引いても、おもしろいかって言うと……
 とにかく、よく解らん金の使い方をしている映画である。主役のジャメル・ドゥブーズは当時(2002)それほどメジャーじゃなかったにしても、モニカ・ベルッチとジェラール・ドパルデューだけでも結構な出演料だろう。ほかのキャストも出演作からすると、わりあいメジャーそうだし。しかもわざわざエジプト・ロケしてるし(全部セットでいいような内容だ)。

 それとも、全部セットで済むような話に大金を投じてロケを敢行するのがフランスらしさというものなのだろうか。間違いなくフランス的だったのは、(ギャグのテンポの悪さは措くにしても)スノビズム臭の強さである。
 たとえば王宮の建設現場では、人々が鞭を振るわれながら働いている。往年のハリウッド・スペクタルのお約束である。そこへ、彼らは実は奴隷ではなく給料を支払われる労働者だ、という最新の学説に沿った説明が入る。さらにその後、主人公を妨害せんとする王宮建築家がやってきて、「労働者諸君、君らは搾取されている」とアジる。

 ほかにもクレオパトラがギリシア系だとか、クレオパトラの鼻の形がいいとか、フランス映画だから「シーザー」じゃなくて「セザール」だとか、移民系のキャストを揃えておいて、シーザーに向かってクレオパトラが「公平に勝負なさい、ここは植民地じゃないのよ」とか。
 予告編によると、本作はフランスでは大ヒットし、四人に一人が観た計算になるのだそうで、フランスは四人に一人がスノッブかよ、やな国だなとか思って観ていたら、不覚にも『メデューズ号の筏』で思いっきり笑ってしまった……いや、不意を衝かれて。

 日本公開当時、評判はかなり悪くて(しかも取り上げてたのは『映画秘宝』くらいであった)、まあまったくもって評判どおりだったわけだけど、ベルッチ様のクレオパトラが拝めたので何も文句はないのであった。てか、合計10分余りであろうベルッチ様の登場シーンだけあれば後は要らん。
 ベルッチ様は声が可愛く、実は顔も結構可愛い(要するに首から下とのギャップが激しい)。だから権高に振る舞うのはもちろん、ヒステリックに喚いていてさえ大層可愛らしいのである。

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »