« ミッション・クレオパトラ | トップページ | チョコレート・ファイター »

バロン

 テリー・ギリアム監督作。
 バロン(男爵)は要するにミュンヒハウゼン男爵で、脚本はオリジナルだが、細かい要素やエピソードの多くは「ほらふき男爵の冒険」からそのまま採られており、その使い方に感心する。
 18世紀の「理性の時代」に尾羽打ち枯らした老人として登場するミュンヒハウゼン男爵の、法螺と冒険の間を行き来する造形が素晴らしく、これが作品全体を支えている。しかし同時に、「どっかで見たような……」感が拭えなかったのであり、これは1988年公開のこの『バロン』が「どっかで見たような……」なのではなく、ギリアムの後の作品である『ブラザーズ・グリム』と『Dr.パルナサスの鏡』が、『バロン』の諸要素の反復を多く含んでいるわけなのだが。で、どちらも『バロン』ほどの勢いはない。

 まあほかに気になったことといえば、女の子が素晴らしく可愛くて、ギリアムはこういう色素が薄いタイプの子が好きなんだろうか、とか思ったり。
 ロビン・ウィリアムズはどっちかというと嫌いな役者(暑苦しいから)なんだが、本作での首が取り外せる月面の王さま役は下品な感じでよろしい。

|

« ミッション・クレオパトラ | トップページ | チョコレート・ファイター »

鑑賞記2011」カテゴリの記事