« フィッシャー・キング | トップページ | ボラット »

コレラの時代の愛

『コレラの時代の愛』 ガルシア・マルケス 木村榮一・訳 新潮社 2006(1985)
El amor en los tiempos del colera

 これが『わが悲しき娼婦たちの思い出』と前後して刊行されたのは、もう5年も前になるわけだが、これで(2011年現在に至るまで)ガルシア・マルケスの長編は全部邦訳されてしまったので、もったいないからしばらく読まないでおくことにしたのであった。
「数に限りがあるから、読んでしまうのがもったいない」というのは、ガルシア・マルケスに限らずラテンアメリカ文学全般に言えることだが、バルガス・リョサがノーベル賞をを取ったお蔭で、ラテンアメリカ文学の邦訳刊行にいくらか(相対的には、かなり)弾みがついた。で、そろそろこれを読んでもいいかな、という気になった次第である。

 以下、一応ネタばれ注意。

 今のところ、邦訳されたガルシア・マルケス作品は『わが悲しき娼婦たちの思い出』ほか幾つかの中編、短編以外は全部読んでいるが、ハッピーエンドは初めてである。
 19世紀末から20世紀初頭のコロンビアを舞台に、没落した上流階級と新興の中産階級の人々を中心として、テーマは「永遠の愛」という、非常に大時代的な構えの作品である。常軌を逸した人々も出来事も描かれない(まあ多少は常軌を逸してたりもするが、少なくとも空中浮揚したりする人はいない)。「魔術的リアリズム」的ではない。
 しかし結末に於いて、「永遠の愛」という、およそありえないことが本当に成就してしまうに至って、物語はまさに魔術的リアリズムへと昇華されるのだ。

 ガルシア・マルケスのこれまでの長編に共通して言えるのは、とにかくアンチクライマクスであることだ。『百年の孤独』や『族長の秋』など、それこそ魔術的リアリズムに華々しく展開しても、最後は尻すぼみ的に終わる。まあ、好みの問題ではあるんだけどさ。
 しかし本作品の結末では、無限に続く川の流れとともに具現する「永遠の愛」が、力強いカタルシスをもたらす。その点では、実にガルシア・マルケスらしくない作品だ。

 らしくない、と言えば、主人公フロレンティアーノについても言える。彼は半世紀以上にわたって愛を貫き、しかもそれを己の意志によって成就させるのだ。ガルシア・マルケス作品には、結構意志の強いキャラクターが多いのだが、最後には必ず運命に敗北し、絶望に塗れて死んでいく。
 己の力で運命を切り開く主人公ばっかり、というのも芸がないが、逆もまた然りである。

 それにしても、訳注がうざくて水を差された。「月明かりの下で金の角を光らせている夫」(「寝取られ亭主」の意だそうな)とか「千日戦争」とかくらいは注があったほうがいいかもしらんが、「リネン」とか「ケープ」とか「ピューレ」とか「ハイチ」とか……
 編集部の意向なのか訳者自身の判断なのか知らんが、たとえそういった語の正確な意味を知らなくても、「衣類/食べ物/地名なんだな」と適当に察してそのまま読み進めることもできない程度の読者を想定してるのであろうか。そんな読者にいったい何を期待するというのであろうか。

 あと、訳文そのものでは、主語のない文が頻出するのが目障りだった。これは、スペイン語の主語省略文をそのまま訳していると思われる。日本語もある程度主語を省略したほうが自然だが、しかしスペイン語と違って動詞で主語を判断することはできないのだから、適宜、補うべきだろう。

 本作は映画化され、2008年に公開されてるのだが、「原作を読んでから」と楽しみにしてたのに……近所のツタヤに置いてないじゃないか。なんだよもー。;

|

« フィッシャー・キング | トップページ | ボラット »

鑑賞記2011」カテゴリの記事