« 攻殻機動隊2.0 | トップページ | マイ・フェア・レディ »

アデル

 ハリウッドではなくフランスのリュック・ベッソン監督作で、実にハリウッドではなくフランスのリュック・ベッソン監督作らしい映画。つまり、より好き放題やっている。

 ポスターやチラシ等では気づかなかったのだが、ヒロインが角度によってはレニー・セルヴィガー似であった(セルヴィガーより美人だし身のこなしも軽かったが)。どうやらそのせいで、好感が持てなかったのであった。そんなにセルヴィガーが嫌いだとは自分でも知らなんだよ。しかしベッソンは相変わらずでかい女が好きだな。

 違う女優だったら、もっと楽しめたんだろうけどねえ。
 あと、マチュー・アルマリックが出るんで楽しみにしてたんだが、あまりに特殊メイクだし出番も少ないしで、別にアルマリックじゃなくてもいいような役だったよ。特殊メイクにもかかわらず、全身から滲み出る苛められっ子オーラは健在でしたがね。

 それにしても『ミッション・クレオパトラ』といい、フランス人は未だにエジプトが自分のものだと思ってるんだな。

|

« 攻殻機動隊2.0 | トップページ | マイ・フェア・レディ »

鑑賞記2011」カテゴリの記事