« ヤギと男と男と壁と | トップページ | 近況というか。 »

オーケストラ!

 一応ネタばれ注意。

 ずいぶん感動してしまったのだが、まあソ連・現代ロシアについては以前散々調べたから、思い入れができてるんだろうな。しかもその期間中はチャイコフスキーも散々聴いてたし。チャイコフスキーは本当に、抒情的つーよりエモーショナルだよなあ。
 ブレジネフの不興を買い、以後負け犬人生を送る「元」天才指揮者が、もう一度だけ振りたい、と昔の仲間を集め、ボリショイ管弦楽団になりすましてパリのコンサートホールと契約を結ぶ、曲はチャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲」と来れば、否が応でも高揚するというものです。

 フランスとかイタリアとか、いろんな国が作ってる映画(監督はルーマニア人らしい)。そのためか、ロシア・ソ連をネタにした笑いでも、ロシア人自身がやるのとは少々質が違うような気がした。なんか、軽い? ロシア人自身がやると、もっと「笑うしかないから笑う」感じで、背後にはずっしりと重く暗い悲劇が。
 あるいは戦争とか粛清とか、周囲がものすごく大変なことになって主人公にも危険が迫ってるのに、本人は女に振られたとかしょうもないことで延々と悩んでるとか(何しろロシア人なので)。

 何はともあれ、主人公の妻は共産党の集会やロシアン・マフィアの結婚式にサクラを手配して小金を稼いでダーチャ(別荘)のある生活を目指し、元チェリストの救急隊員は救急車(急患付き)を運転して主人公の足代わりとなる。かつてブレジネフの手先となって楽団を解散に追い込んだ元敏腕マネージャーは、悔悟の念から主人公に協力すると見せかけて、実はパリで観光したいだけのようであり、と見せかけて実はフランス共産党員と共に共産党の覇権復活を目論んでいるのであった。
 ロシアン・マフィアは絵に描いたような成金趣味ですぐに銃をぶっ放し、主人公と共に楽団の復活を目指すかに思えた元楽団員たちは、パリに到着して現金を手に入れるや否や、たちまち離散して観光や商売に励み、リハーサルもすっぽかす。
 メラニー・ロランは『イングロリアス・バスターズ』に引き続いて絵に描いたような高飛車フランス女を演じ、主人公がこの期におよんでロシア人らしくグチグチ思い悩んで酒に溺れるのを冷たく突き放す。

 まあ「ロシア・ソ連らしさ」をよく摑んではいると思う。とりあえずロシア男は、フランス語を喋る時は人格が変わるらしい。

 そして、こんなグダグダでは奇跡でも起きるしかどうしようもないという状態で迎えたコンサート本番、奇跡は起きて筋金入りの共産主義者が神を信じるようになるのであった。

『12人の怒れる男』感想 (ロシア的笑いの一例)

|

« ヤギと男と男と壁と | トップページ | 近況というか。 »

鑑賞記2011」カテゴリの記事