« ナルニア国物語第3章 | トップページ | 地獄の黙示録 »

12人の怒れる男

 一応ネタバレ注意。

 シドニー・ルメット版は、確か大学一回の人権論か何かの授業で見せられたんだよな。最後までじゃなくて、授業終了時間になったら「後は各自ビデオを借りるなりして観てください」。ビデオデッキ持ってない下宿生に何を言いよんねん。
 もう逆転無罪はほぼ確定ってところまで進んでたし、有名な作品だからあちこちでネタバレもされてるしで、再鑑賞することなしに来てしまったのであった。まさかあの当時は、続きを二十年も後に、しかもリメイクなのはまだしもロシア版で観ることになるとは想像もしなかったねえ(ソ連もまだ存在してたしな)。

 で。大筋の展開は記憶にあるとおりなのに、どっぷりロシアである。12人の男たちのほぼ全員が、自分のバックグラウンドを語っては感極まるのである。そしてそこに21世紀初頭の混迷が重なり、それを語ってはまた感極まる。語らないキャラが気の毒に思えてくるほどである。笑っちゃうくらいロシアだ。
 このどこまでマジなのかネタなのかわからない感じも含めた「笑うしかないから笑う」感じが、『オーケストラ!』の笑いには欠けてたんですね。いや、あれはあれでいいんだけど。

 結末も、いかにも21世紀ロシア的だなあ。少年と「ニコライおじさん」の最後の会話に至っては、「何かっこいいことになってんのおおおおおお!? 」。このやや場違いな展開もまた、『ナイトウォッチ』シリーズ(および『ウォンテッド』)的な意味で「ロシア的」である。
 なんかあの場面に限っては、リュック・ベッソン麾下の若手監督たち(『映画秘宝』風に言えば、永遠の中学生集団)が喜んで作りそうな続編を想像させる。てか、作れ。

|

« ナルニア国物語第3章 | トップページ | 地獄の黙示録 »

鑑賞記2011」カテゴリの記事