« ウルフマン | トップページ | オール・ザット・ジャズ »

英国王のスピーチ

 あんまり映画向きじゃない題材を、お涙頂戴にもせずに巧いことエンターティメントに仕上げている。

『創られた伝統』(紀伊国屋書店 1992年刊)という論集があって、その中の「コンテクスト、パフォーマンス、儀礼の意味――英国君主制と「伝統の創出」、1820-1977年」(デイヴィッド・キャナダイン)によれば、英王室が壮麗な儀式を行うようになったのは19世紀末から20世紀初めにかけてだそうである。
それ以前に壮麗な儀式が必要とされていなかった理由はいろいろあるが、一つには英国君主は実際に絶大な権力を持っていたので、虚仮威しのパフォーマンスなど必要としていなかったこと(ヴィクトリア女王の戴冠式は、リハーサルさえ行われなかったそうな)、もう一つはメディアが発達していなかったので、せっかく大掛かりな儀式をやっても見てくれる人があまりいなかった、という二点が大きかったようだ。

そういうわけで、この映画はジョージ5世(在位1910‐36)の治世末期から始まる。彼は国家と国民を結び付けるパフォーマーとしての王を演じ続けてきたのだが、もうじき王位を継ぐことになるはずの長男はシンプソン夫人にうつつをぬかし、次男すなわち主人公で後のジョージ6世は吃音で人前では碌に喋れないのであった。
 主人公がコリン・ファース、その妻がヘレナ・ボナム・カーター、お抱え治療士となる売れない役者がジェフリー・ラッシュ、父ジョージ5世がマイケル・ガンボン、兄エドワード8世がガイ・ピアース。

 私は世間と美的感覚が多少ずれてるらしく、特に「美形」とされる男性については「……そうか?」と思ってしまうことが多いのだが(「美女」に関してのほうが、ずれは小さいようである)、コリン・ファースもその一人であった(今の彼を美形と呼ぶ人はいないだろうから過去形)。
 そもそも美形かどうかという以前に、コリン・ファースには全然興味を抱けなかったのだが、今回の彼はいいですね。「童顔のおっさん」という、普通なら扱いに困る容姿を巧く活かした役どころだ。

 ヘレナ・ボナム・カーターは、ものすごく久しぶりに色モノでない役だったなあ。『ファイト・クラブ』以来か? あれも色モノに含めてしまうと、さらに『フランケンシュタイン』より前まで遡らないといけなくなる……
 一応、美人に分類される容姿だったことと(何しろここ十数年は役柄のみらならず各種授賞式や記者会見での格好も色モノだったから)、演技も巧かったんだということを久しぶりに確認させられたのでした。

 ダメ兄王を演じたガイ・ピアースは巧かったけど魅力はない……若い頃(『メメント』のあたりまで)は確かに華のある役者だったのになあ。若さとともに華がなくなっただけじゃなくて、容姿もどんどんサルっぽく貧相に……
 初めて観た時(『シャイン』)すでに中年だったので若かった頃の想像がつかないジェフリー・ラッシュは、今回は彼にしては奇矯さの少ない役だと言えるが、鬱屈のままで終わる鬱屈の表現とか、やはり彼ならでは。

 クライマックスの「戦争スピーチ」で流れるのは、ベートーヴェンの交響曲第7番第2楽章である。明らかに曲に合わせて演技をしており、しかも非常にネットリした演奏だ。あざといよなあ、お涙頂戴とはまた違うんだけど。いや、好きな曲なんだけどね。好きだから余計あざとく感じるっていうか。

|

« ウルフマン | トップページ | オール・ザット・ジャズ »

鑑賞記2011」カテゴリの記事