« グランド・ホテル | トップページ | ヒックとドラゴン »

お知らせ

お知らせ其の壱

 こんにちは、仁木稔です。
 この二年余り、調べものをしては書き、調べものをしては書き……をひたすら続けてたわけですが、そのうちの一作が来月発売の『SFマガジン』6月号に掲載されますよ。

『SFマガジン』2012年6月号(4月25日水曜日発売)掲載:
「ミーチャ・ベリャーエフの子狐たち」

 400字詰め換算で100枚強の読み切りです。タイトルの「ミーチャ・ベリャーエフの子狐たち」とはこれのことですが、ソ連やロシアとは関係ありません。

 HISTORIAシリーズに連なる一作ですが、時代設定が未来ではなく近過去の歴史改変ものになります。これまでの同シリーズの作品とは、いろいろと雰囲気の違うものになったのではないかと思われます。

 21世紀初頭、労働力として生みだされた人造人間(チャペック的生体ロボット)の受容が世界規模で進む中、聖書原理主義と反知性主義に支配される某超大国では排斥運動が過熱する。その陰で暗躍する金髪碧眼の美少女……って、やってることはこれまでとあんまり変わらないような気もしますが気のせいですね。

 何はともあれ、仁木稔作品が好きだという方々も、仁木稔作品を読んだことがない方々も、仁木稔作品を読んだことがあるけどあまりおもしろいと思わなかった方々も、栄えある『SFマガジン』初掲載作品となる「ミーチャ・ベリャーエフの子狐たち」をよろしくお願いいたします。

.

お知らせ其の弐

 神林長平氏のデビュー30周年(2009年)に出版された『神林長平トリビュート』が文庫化します。神林氏の作品を八名の作家がトリビュートするという企画で、私は「完璧な涙」を選ばせていただきました。

『神林長平トリビュート』 早川書房 2012年4月刊行

ほかの執筆者の方々(敬称略)とトリビュート作品:
 海猫沢めろん「言葉使い師」
 虚淵玄「敵は海賊」
 円城塔「死して咲く花、実のある夢」
 桜坂洋「狐と踊れ」
 辻村深月「七胴落とし」
 元長柾木「我語りて世界あり」
 森深紅「魂の駆動体」

 神林氏御本人による序文が素晴らしいです。神林氏のファンの方々はもちろん、氏の作品を読まれたことのない方々でも、この執筆陣に興味を覚えられましたら、どうかお手に取ってみてください。

|

« グランド・ホテル | トップページ | ヒックとドラゴン »

お知らせ」カテゴリの記事