« お知らせ | トップページ | 神林長平トリビュート 文庫化 »

ヒックとドラゴン

 春休み中の姪(8歳)を預からなきゃならなくなり、子供向けのDVDを借りに行く。実写にするつもりだったんだが、お子様作品は軒並みレンタル中であった。うーむ、考えることは皆同じか。

 CGアニメをちゃんと観るのは、これが初めてかもしれん。「細部の喜び」に浸るための作品であり、ストーリーもキャラクターも細部に奉仕するためだけにあるようなものだな。いや、いい意味で言ってんですが。
 目の愉しみとなる美しい映像、それを際立たせる脚本と演出。まあ正直、人間のキャラクターはどうでもよくて、ドラゴンと風景が素晴らしかったです。トゥースかわいい(デザインがちょっとスティッチみたいだが)。

|

« お知らせ | トップページ | 神林長平トリビュート 文庫化 »

鑑賞記2012」カテゴリの記事