« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

アイアン・スカイ

 ここ3、4年なかったほどのひどい夏バテからやっと回復してきたと思ったら、5、6年ぶりかそれ以上に久方ぶりに風邪をひいて3日間寝込みました。小学生の姪にうつされたんですが、やはり体力が落ちてたからでしょう。
 その後も自律神経がいかれて微熱が続いています。微熱といっても平熱が35度台なので、37度台でもかなり苦しいです。季節の変わり目の今日この頃、皆さまは如何お過ごしでしょうか。風邪をひく前に観た映画を御紹介。
.
 フィンランドというとムーミンとシベリウスとアキ・カウリスマキくらいしか思い浮かばないんだが、そうしたイメージを完全に覆すバカSF映画。メインキャストは全員外国人で、フィンランド語の台詞は一言もない。
 内容を一言で言うと、「ナチスが月からやってくる」。
「ナチのすごい科学」ものは、いい加減やめるべきだと前々から思っているのである。だって事実として、ナチの科学はすごくなかったんだよ。ヒトラーを筆頭として首脳部は科学を理解できない上にオカルト大好きな低能連中だったし、ドイツの優秀な科学者の大部分は逃げ出すか収容所送りになっていたのだから、「すごい科学」なんて在りようがなかったのだ。
 すごくなかったものをすごいと言うのは、たとえそれが「悪の科学」ということであっても、歪曲に基づいた称賛にほかならない。
.
 次に、いくら悪逆非道な組織または個人であっても、やってもいない悪事や阿呆なこと(「ナチのすごい科学」には阿呆なものが多い)をやったことにするのは、フィクションにしても限度というものがあると思うのである。そして「ナチのすごい科学」ものは、とっくにその限度を超えている。
 最後に、このネタはもはや陳腐であるだけでなく、安易だからである。どんなに歴史・科学考証にそぐわなかろうが、「ナチのすごい科学」だから、で済ませてしまうのは、あまりにも安直というものだ。 
 だいたいさー、時代・科学考証うんぬん以前に、そんなすごい科学(と国力)があるんだったら戦争にも勝てたんじゃないの、と思わずにはいられない。勝ったという歴史改変作品もあるにはあるが、「すごい科学」のお蔭で、というのがあったかどうか、ちょっと記憶にない。すごい科学を持ってるナチは、十中八九残党である。
.
 というわけで、それでもやるというなら、せめてこれくらいはやってもらいたいものである――「ナチスが月からやってくる」。
.
 ところで私は、でっかい機械がガシガシ動く映像を、大画面で観るのが大好きである。実物の機械には、サイズに関わりなく大して興味が湧かない。それが映像だと、なぜか画面のサイズが大きければ大きいほど惹き付けられるのである。映画館のスクリーンサイズで、細部まで舐めるように撮った映像だったりすると、ものすごく気持ち良くなる。出来さえよければ、架空メカでも問題なし。
 だから、いかにもドイツっぽい駆動部剥き出しの巨大な機械がいっぱい登場する本作は、とっても気持ち良かったです。欲を言えば、飛行船や円盤型戦闘機の細部も見たかった。
.
 パンフレットによると、「ナチスが月からやってくる」というアイデアは、監督の自主制作映画仲間の脚本家ヤルモ・プスカラが見た夢(比喩ではなく本物の)だそうである。つまり、文字どおりオタクの夢を具現化した映画なのだが、そこで終わらずにアメリカを対象とした、かなり突っ込んだ風刺も行っている。
 宇宙開発は軍事を目的とせず、という国際協定を、すべての加盟国(フィンランドを除く)が破っていることを知ったサラ・ペイリン似の米大統領は激怒する。「アメリカだって違反してるだろ」と指摘されると、「アメリカはいいのよ!」。現実のアメリカもそう思ってるに違いない、と世界中の国が頷くところであろう。
 
 しかしこれくらいの風刺なら、ちょっと気の利いた人間なら誰でもやれることで、本作で最も重要なのは、数多のナチもの映画が取り上げないどころか、おそらく気づいてすらいなかった「ナチズムの本質」を精確に捉えている点である。
 それは、ナチズムの「綺麗ごと」だけで純粋培養されたヒロインが米大統領選の広報担当に起用され、まさにその綺麗ごとによってアメリカの大衆の心をがっちり攫むエピソードによって示されている。つまり、あからさまにやばい部分さえ隠してしまえば、ナチズムが説く理想は、非常に口当たりのよいものなのである。だからこそ、あれだけ多くの人々が惹き付けられたのだ。
 
 制服(軍服)やゲルマン的美男美女といった、ヴィジュアル面でのナチズムの魅力については、先行作品でも指摘されてきたことではある。
 その「かっこいいナチ」を体現するのはゲッツ・オットー。『ヒトラー最後の12日間』で、端役なのにやたらでかいというだけの理由でやたら目立ってた兄ちゃんである。あれから8年で、ずいぶん老けたな。『ヒトラー』では演技力を披露しようもないほどの端役だったが、今回は徹底して戯画化されたナチを嬉々として演じている。
 
 ナチスというとマッドサイエンティスト、それも主として医学系が付きものだが、これはドイツ=医学というステレオタイプに加えて、ヨーゼフ・メンゲレが源泉なのであろう。本作のマッドサイエンティストも、巨大宇宙戦艦を設計するだけでなく人体実験も行っており、黒人宇宙飛行士にメンゲレ呼ばわりされる。
 メンゲレは実際に薬物投与による髪や虹彩の「漂白」実験を行ってたそうだが(そしてまったく成果を上げられなかったそうだが)、しかし本作で「漂白」された黒人がコリン・パウエルほども白くなかったのは、フィンランドの特殊メイク技術の限界によるものだろうか。ハリウッドの技術だと、それこそ白人並に白くできるそうだが。
 あと、やってることがメンゲレなのに、どうして外見は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクなんだろうなあ。ハリウッド映画に登場するマッドサイエンティストは、ほかにも山ほどいるのに。
.
 以下、ネタばれ注意。
.
 ヒトラーの跡を継いで月面ナチの総統となっているのが、ウド・キアー。というと素晴らしい活躍を期待してしまうが、実際には見せ場らしい見せ場はほとんどなかった。まさに役不足。
 
 終盤、ナチを倒した後、各国代表は月の資源をめぐって大乱闘となる。ここで終っていれば、いかにもパロディ満載の風刺映画的な終幕である。あるいは、黒人に戻った(「非白人化薬」で)宇宙飛行士とヒロインはめでたく結ばれるが、今後彼らと共に生きていくことになる月面ナチの生き残りに「黒人とキスするなんて」と非難され、苦笑いする。ここで終われば、苦難を予期させつつもハッピーエンド、という捻りの利いた終幕となる。
 が、どちらの終わり方にもならず、各国大乱闘は宇宙空間でも行われ、地上のあちこちでは核の爆発が起こるという、ブラックユーモアを通り越して暗澹とした終幕である。こういうところが北欧っぽいという気がするのだが、どうだろうか。
.
 この「宇宙戦争」の場面で、日本の衛星が他国の衛星に突っ込んで、もろともに爆発するカットがあったんだが、制御不能になったからとかじゃなくて「カミカゼ」攻撃のつもりだとしたら、やな感じだな。
 最後の最後に火星上空を飛んでた探査機のようなものは、次作への伏線なのだろうか。
.
おまけ:上映前、隣に座った年配の男性が『SFマガジン』を読んでました。この雑誌の存在を知って四半世紀以上経ちますが、SF関連の集まり以外で読んでいる人を初めて目撃しましたよ(本屋ですら見たことなかった)。

|

ドラゴン・タトゥーの女

 原作および映画について感想。
 少し前に、我が家に『ミレニアム』ブームが訪れたのであった。ミステリ好きの妹二人と父が次々とこの長大なシリーズに嵌まり、何週間にもわたって話題に上らせ続けたのである。ミステリがあまり好きでない上に、その時偶々長い小説を読める精神状態になかった私と、そもそも小説を一切読まない母は完全に蚊帳の外であった。
 特に父はほとんど熱狂していたと言ってもよく、還暦をとうに過ぎた人間がここまで小説に嵌まれるものなのかと、傍で見ていて少々感動を覚えたほどであった。「俺も才能があったらこんな小説を書くんだが」とまで口走った。落ち着け、おっさん。
 ちなみに父は理系のくせに文学青年崩れで、若い頃は私小説のようなものを書いていたが、私が知る限りでは上記のような発言は初めてである。

 ブームが去ってしばらくしてから私も読んでみました。
 ミステリは好きじゃない、と書いたが、ミステリに分類される作品(小説、映画等)でも好きなものは結構ある。つまり、より正確には「好きじゃないミステリが多い」ということになる。
 で、それらの作品の何が好きじゃないのか。一言で言うと「真相(あるいはトリック)至上主義」とでもなるでしょうか。作中の人間関係とかいろんなエピソードとか何もかもが、真相/トリックの伏線もしくは読者をミスリードする目的なのがあからさますぎて、興醒めしてまうのである。
『ドラゴン・タトゥーの女』の例で言えば、依頼主の一族がやたらと奇人揃いで入り組んだ歴史を持つ設定なのは、読者を混乱させ謎解きを困難にするのが主目的であって、そういう一族を描くこと(ほかにも親ナチというスウェーデンの負の歴史など)自体は二の次に過ぎないとしか思えてならない。そして、そういうのんは楽しくないのである。要するに私は、ミステリをミステリたらしめている最重要素=謎解きに関心がないんだな。

 そういうわけで、私にとって『ミレニアム』第1部は、確かに一気読みできるおもしろさはあるものの、じっくり読むほどの価値はなく、自分のミステリ属性のなさを再確認させられただけであった。それでも話がヒロイン中心になりすぎてる第2部以降よりは好きだが。
 で、映画版。本国版ではなくハリウッド・リメイクのほうにしたのは、ダニエル・クレイグがわりと好きだし、スチールで見る限り本国版よりヒロインが原作のイメージに近かったから(本国版だと結構ごついし老けてる)。そして何より、デヴィッド・フィンチャーの「成長」に関心があったからである。
 
 この監督の作品は、『セブン』『エイリアン3』の頃からほとんどすべて観ているが、偶々他人に付き合って観る機会が重なってそうなっただけで、少なくとも数年前までは嫌いな監督の一人であった。
 何が嫌いかって言うと、まずテーマもしくは「一発ネタ」ありきで(後者は『ゲーム』や『パニック・ルーム』)、それを成立させるために他のすべての要素を無理矢理にこじつけている。そのこじつけ方が強引を通り越して、拙劣ですらあること。第二に、話が主役の周囲のごく狭い人間関係に終始しているだけでなく、そこからいきなり「セカイ」に短絡する幼稚さである(『パニック・ルーム』は完全に一軒の家の中だけに終始しており、「セカイ」が語られない分、むしろマシである)。

 それが『ゾディアック』では、「狭い人間関係」と「セカイ」の間にある物事に目を向け、それらを描こうとする努力が見受けられるようになり、『ベンジャミン・バトン』ではその努力の成果が確実に見られる。
『ソーシャル・ネットワーク』は未見だが(そのうち観る予定)、この『ドラゴン・タトゥーの女』に至っては、上記の欠点(悪い意味での「デヴィッド・フィンチャーらしさ」)がまったく感じられなかった。
確かに原作ではキャラクター一人一人(かなりの端役に至るまで)の背景がしっかり作り込まれているが、映画では尺の問題で削らざるを得ないから、やりようによっては以前どおりの「フィンチャーらしい」話になった可能性もある。特にヒロインがああいうキャラだからね。
 にもかかわらず、ちゃんとバランスの取れた作品に仕上がっていたわけで、いやー大人になったねえ、と生温かい目で見守ってしまうのであった。

 あと、フィンチャー作品に毎回あるブラックなつもりらしいジョークは、鼻について笑えないんだが、今回のあのシチュエーションでエンヤが掛かったのには笑った。

 外国映画をハリウッドでリメイクすると、往々にして無理やりアメリカが舞台のアメリカ人の話に変えられてしまうのだが、アメリカ人は外国人への共感能力を欠いているのであろうか。しかし本作はハリウッドの俳優が英語で演じているとはいえ、ちゃんとスウェーデンが舞台のスウェーデン人の話であった。
 本国版と見比べる気は今のところないし、リメイクの意義を云々する気もないが、原作を巧く消化したという点も含めて、映画としてよく出来ていたと思う。フィンチャーの「成長」と切り離しても、充分評価できますよ。

 スウェーデン文化はよく知らんので(リンドグレーンは愛読してたが)、役者たちがちゃんとスウェーデン人らしかったかどうかはわからないんだけど、例えばダニエル・クレイグ演じる主人公の、女に対する良くも悪くも自由な態度は原作どおりであり、それは明らかにアメリカ文化とは異質なものだ。あと、彼がやたらと喫煙するのも(ストレスで禁煙を破っているという設定だとはいえ)、昨今のハリウッドの時流に逆らってますね。
 
 ダニエル・クレイグは、若いヒロインに対しておっさんという役柄。クレイグの出演作でこれまで印象に残っているのは007シリーズと『ミュンヘン』だけだが(ほかにも幾つか観てるんだが憶えてない)、どれも何年も前でもないのに「若造」の役だった。おっさんのほうが好きです。
 ルーニー・マーラーは本作で初めて観たのだが、小柄で不健康でひ弱そうという容姿だけでなく、それにもかかわらず強烈な怒りのエネルギーを抱えているという役に巧く嵌まっていたと思う。エキセントリックなキャラクターというのは、しばしば役者が「エキセントリックに演じる自分」に酔ってるのが見え透いていて辟易させられるのだが、そういう印象は受けなかったし。

 以下、一応ネタばれ注意。
 ステラン・スカルスガルドは、『宮廷画家ゴヤは見た』で温厚で堅実な人物としてのゴヤを好演していたが、今回はいかにも裏がありそうに見えてしまう。特に笑顔が不気味だ。単に眉毛がないせいかもしれないけど。
 謎の真相の変更については、私はプロットを簡潔にする(尺の問題で)ための適切な処置だと思ったのだが、父は映画のほかの要素は気に入ったようだが「あれじゃ台無しだ」とずいぶん不満げだった。ミステリ者かそうじゃないかの差だなー。

『ゾディアック』感想
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』感

|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »