« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

パトリオット

 19世紀以前の戦争を扱った映画って、意外と少ないんだな。ただでさえ少ないうえに、メジャーなハリウッド映画以外(ハリウッド映画でもマイナーなのんや、割合メジャーでもハリウッド以外とか)はレンタル屋に置いてなかったりするし。
.
 というわけで、戦闘場面を確認するだけのために再鑑賞。一応ネタバレ注意。
 たぶん十年ぶりくらい。再鑑賞前に記憶を反芻したところ、出てきたのは英軍に次男を殺れ長男を連れ去られたメル・ギブソンが炎上する家に飛び込んで行って山ほど武器を背負って出てくると森へ入ってトマホークで英兵を殺しまくる一連の場面、それと軍隊同士の会戦場面だけであった。
 レンタルしたのは「コレクターズ・エディション」で165分もあったが、上記の事情によりどのシーンが追加なのかは判らなかった。しかしどのみち、上記の場面だけがすべて、という作品なのでした。
.
 長男(ヒース・レジャーだ)を取り戻すためとはいえ、まだ幼い三男と四男に援護射撃を行わせつつ、自分はチェロキー族のトマホークで英兵20人を虐殺、などという役を演じられるのはメル・ギブソンを措いてほかにいまい。とは思うものの、このシーン以外の彼の役は、狂言回し以上のものではない。
 この映画の主役は戦闘場面、それも民兵のゲリラ戦ではなく、軍隊同士の会戦なのであった。
.
 前回の鑑賞の何ヵ月か前、偶々18‐19世紀の戦争についての本を読んでいたのである。整然と並んだ横隊が平らな場所で向き合って一斉射撃しては再装填することを繰り返す、という光景の記述に震え上がったのだが、今度はその記述がそっくり映像で再現されているのを見て震え上がったわけである。
 対峙する横隊が一斉射撃の轟音と共にバタバタと人が倒れるが生き残った兵士たちは整列したまま、という俯瞰映像は、改めて観てもまったくもって尋常ではない。砲弾(鉄球)がバウンドしながら飛んできて、兵士の頭や脚をバサバサ刈り取るという光景も然り。ちゃんとしたスタッフさえ付けば、凄いものが撮れるんだよな、この監督は。
.
 このような戦場の光景を映像化した、という点のみにおいて、この映画は傑作である。そのほかの要素(物語とかキャラクターとか)も、上記の光景を成立させるためだけに在る、という点で大いに評価できる。

|

危険なメソッド

 クローネンバーグ作品は全部観てるわけじゃないが、彼が選ぶ題材は狂気にしろ暴力しろ、どうにも観念を弄んでいるようにしか思えない。
 わかりやすい例を挙げると、『イグジステンス』で描かれているヴァーチャルリアリティのゲーム(RPG)は、ヴァーチャルリアリティとかヴィデオゲームについての観念(偏見)だけを凝り固めたような代物で、あんたヴィデオゲームを楽しんだこと一度もないやろ。
 あと、メタファーがあからさますぎて鼻につくんだよねー。
.
 そう思いつつ、クローネンバーグ作品を何本も観ているのはなぜかと言えば、ほかに長所がたくさんあるからである。いや、『イグジステンス』みたいに何もかも駄目なのんもあるけど。
 特に近作の『ヒストリー・オブ・バイオレンス』と『イースタン・プロミス』では、観念やメタファーがかなり後景に退いている。てゆうか、『イースタン』のほうは監督の「ヴィゴ萌え」が全面に溢れ返ってて(それと、億面もないロシアンマフィアのエキゾティシズム)、観念やメタファーが入り込む隙がどこにもなかったってゆうか。なんと言いましょうか、「あられもないモノを見せられちまった……」という感じで少々、いやかなり困惑しましたが、うざい観念やメタファーよりはマシ。
 まともに評価できるのは『ヒストリー』のほうで、圧倒的な暴力描写と、暴力に直面してしまった家族のドラマが素晴らしかった。それでもところどころ、暴力そのものではなく「暴力という観念」や露骨なメタファーが顔を出してはいましたがね。
.
『イースタン』のことがあるから、またヴィゴ・モーテンセン出演で、しかもフロイト役なんて、いったいどうなることやらと少々不安だったのですが、今回はクローネンバーグも冷静で、モーテンセンは重要な役どころではあるけれど常に一歩退いた立ち位置で、中心はあくまでユング(マイケル・ファスベンダー)とその患者にして愛人のザビーナ・シュピールライン(キーラ・ナイトレイ)でした。
 ものすごく堅実に作られた映画、という印象が強かったのは、脚本のお蔭でしょう(『危険な関係』でアカデミー賞を受賞しているクリストファー・ハンプトン)。堅実さとは無縁に思えるクローネンバーグなのに堅実だから、余計に堅実に感じるというのもあるんだろうけど。狂気や欲望、異常性愛といった題材自体はこれまでどおりのクローネンバーグらしいもので、ただそれらがひたすら堅実に、かっちりと(つまりメタファーだのなんだのなしに)描かれているのでした。
.
 クローネバーグの堅実じゃないところが好きな人は、この堅実さに失望するかもしれませんが、私はむしろ好ましかったです。それにもしかすると、あの「堅実なスパンキング・シーン」等は、笑いどころだったのかもしれん。
 まあ私は即物的な人間ですから、危険な快楽に溺れるのは、心の闇とかじゃなくて報酬系の問題だよなーとか思ってまうわけですが。
.
 キーラ・ナイトレイは『パイレーツ』シリーズと『ドミノ』しか観たことなくて(あと、あの女王の影武者)、おお、まともに役作りしてるのは初めて観るぞ。結構作り込んでますね。
 しかしそんなことよりも印象に残ったのは、予想を遥かに超えた貧乳でした……この時代の衣装はハイウエストだから胸の有無がはっきり判るなー、と思いながら観てたら、後半にセミヌードが……
.

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »