« カティンの森 | トップページ | インベージョン »

ツーリスト

 ヨーロッパ(主にヴェネツィア)を舞台に、往年のハリウッド映画のようなテンポと雰囲気のサスペンス。
 雰囲気が往年のハリウッド映画的、というのは、特にアンジェリーナ・ジョリーの役柄によく表れている。あのパーツが派手な顔は意外にヨーロッパの風景に似合うのであった。ヨーロッパ風のドレスやスーツもよく似合って美しく、ゴージャス。というか、今までアンジェリーナ・ジョリーのことは「漢前」だとは思っても、「美女」だとはあまり思ったことはなかったんだが、本作では見事に「謎の美女」でした。というわけで、アンジェリーナ・ジョリー鑑賞映画。
 
 ジョニー・デップはいつもどおりの演技だが、状況に振り回されてオロオロする、というのは嵌まり役。ちょろちょろ顔を出しているルパート・シーウェルがいい。

|

« カティンの森 | トップページ | インベージョン »

鑑賞記2013」カテゴリの記事