« ウエスタン | トップページ | 月に囚われた男 »

終着駅

 トルストイの妻は悪妻として知られるが、本当にそうだったのか。晩年のトルストイとその妻の関係を、秘書を務めた青年の視点から描く。秘書のヴァレンティン・ブルガーコフは後にチェコに移住して作家になったそうだが、その回顧録にでも基づいてるのかな。
 秘書がジェイムズ・マカヴォイ。『ラスト・キング・オヴ・スコットランド』と同様、偉人(良くも悪くも)を間近で目撃した人物の役。トルストイがクリストファー・プラマー、その妻がヘレン・ミレン。

 予想されるとおり、「悪妻ではない」というのがその答えなのであるが、ただし元から相当感情的な人のようだから、家族は大変そうだな。一時の怒りに任せて、ひとの臓腑を抉るようなことを言っておいて、機嫌が直るとあっさり忘れてそう。終盤、娘を「ほかの子供じゃなくて、おまえが死んでいればよかった」とまで罵るが、たぶんこれも忘れるんだろうな。
 トルストイを崇める「トルストイ主義者」たちは彼の領地内にコミュニティを作り、彼の死後もコミュニティを存続させようと遺産を狙っている。トルストイを尊敬してはいるが、その神格化を胡散臭く思う妻にとっては大変苛立たしい状況であり、映画の中で彼女は始終ヒステリーを起こしているのだが、そんな姿をも魅力的に演じるヘレン・ミレンはさすがである。『RED』の時みたいに若作りしてなくても充分きれいだし。

 ロシア語では「名前+父称」(トルストイだったら、「レフ・ニコラエヴィチ」)は丁寧な呼び掛けで、作中では台詞は英語にもかかわらず(トルストイの名前も「レフ」じゃなくて「レオ」って言ってたし)、その呼び掛けが使われていたが、英語圏の観客のどんだけが知ってるのかね。日本語字幕では、それらを状況に即して「先生」とか「奥様」というように「意訳」していました。

『戦争と平和』感想

|

« ウエスタン | トップページ | 月に囚われた男 »

鑑賞記2013」カテゴリの記事