« リンカーン | トップページ | 近況 »

シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム

 おもしろかったが、前作に比べて構成やカメラワークが凝り過ぎで、少々煩雑に過ぎる。前作に比べて原作に直接拠ってる部分も少ないしな。

 そして前作にまして女の扱いがぞんざいだ……前作のヒロイン、アイリーン・アドラーもワトソンの新妻もあっさり途中退場させられ(退場のさせられ方はそれぞれだが)、唯一の女性キャラとなるジプシーの占い師も、「そこにいるだけ」だし。
 そもそも原作も女っ気がないんだが、ガイ・リッチーの場合は原作に忠実なんじゃなくて、単に女を扱えないだけ。ガイ・リッチーやその周辺の犯罪映画(というよりちんぴら映画)を撮るイギリス人たちの女の扱えなさって、なんなんだろうね。イギリスらしいっちゃらしいが、あんたら昔の少年漫画家(特にジャンプ系)か。

 一番すばらしかったのは武器工場のシーン。大砲が作動するとことか丁寧に撮られていて大変楽しかった。

前作感想

|

« リンカーン | トップページ | 近況 »

鑑賞記2013」カテゴリの記事