« ハンティング・パーティ | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム »

リンカーン

 2時間30分、議会工作に終始して、合間に家庭の不和が差し挟まれる、というスピルバーグ以外だったら誰も映画にしようとすら思わない話。いや、おもしろくはあったんだけど、これで2時間30分も観客を付き合わせるって、スピルバーグじゃなきゃできないよな、いろんな意味で。

 ダニエル・デイ・ルイスの演技は、もはや非人間な域に達している。トミー・リー・ジョーンズはいつもどおり巧い。ジェームズ・スペイダーは「美形俳優」だった頃にはまったく興味を持てなかったんだが、すっかり太ったおっさんとなって登場。悪趣味な服で裏工作に奔走する。いや、若い頃よりずっと好きだ。別に太ったおっさんが好きなわけじゃないけど。

|

« ハンティング・パーティ | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム »

鑑賞記2013」カテゴリの記事