« ヒューゴの不思議な発明 | トップページ | フィクサー »

J・エドガー

 半世紀近くにわたってFBIに君臨したJ・エドガー・フーヴァーの半生。伝記映画というのは、人ひとりの人生を二時間枠に押し込めるので、どうしても散漫な内容になりがちである。本作でも扱う時間は五十年余にもわたる。にもかかわらず散漫さはまったく感じさせず、さすがクリント・イーストウッド監督作である。

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』『アビエイター』『ブラッド・ダイアモンド』、それに『ジャンゴ』と、大人になってからのディカプリオは、童顔を活かした「良くも悪くも大人になりきれない男」の役が一番篏まるんだよな。てゆうか、結局それ以外は何をやっても似合わんてゆうか。
 で、本作で彼は、冷徹さに幼児性が見え隠れするフーヴァー像を見事に作り上げている。しかも、『アビエイター』や『ブラック・ダイアモンド』の時みたいに肩の力入りまくり、ということもなく自然体である。
 老年期の演技も見事だが、ただ、声がなあ。元々、顔だけじゃなく声も子供っぽいんだが、老年期のパートでもその子供っぽい声のままなのである。本人も画面に映っている時はそれほど気にならないんだが、口述している声がナレーションとなって、老人メイクの本人が不在の画面に被ると、声の子供っぽさが際立つ。しゃがれさせるとか、なんとかできなかったんだろうか。

 フーヴァーの母親役がジュディ・デンチ。この人は多かれ少なかれコミカルな役しか観たことがなかったんだが、本作ではきつい顔立ちを活かした支配的な母親を演じて素晴らしい。
 秘書役はナオミ・ワッツ。相変わらず巧いんだが没個性で、エンドクレジットを見るまで彼女だと気づかんかった。没個性といっても、クリスチャン・ベールみたいに埋没してしまうんじゃなくて、ちゃんと存在感はあるんだ。ただ、「ナオミ・ワッツ」という個性はないんだよな。

 以下、余談になるが、それにしてもチャップリンは別格として、やはり映画監督は自作に出張らないほうがいいなあ。ちょい役で出るくらいならご愛嬌だが。
 その理由は、たった一言「ナルシズム」に尽きる。いや、『グラン・トリノ』は傑作ですけどね。それでもあれは、ナルシズムをあそこまで昇華できれば大したもの、という評価も含めたものですから。
 ウッディ・アレンの本人出演作なんて(共演者目当てで三本ほど観たが)、あまりのナルシズムだだ漏れに、蹴倒して顔面を踏みにじりたくなるくらいむかつくが、本人は出ないが本人がいつも演じるような小心なコンプレックス男を別人に演じさせる、たとえば『セレブリティ』のような作品はおもしろく観られる。あれは客観性の有無の差だな。

 ただし、監督の「自伝(もしくは自伝的)作品」で、ブサイクな本人をイケメンに演じさせるのは論外です。『バスキア』(バスキアの伝記映画を装った、監督の「天才バスキアの真の理解者は俺ひとり」映画)とか、『バッド・エデュケーション』とか。後者は本編ではそれほどナルシズムは鼻につかなかったんだが、最後の最後に字幕で出た「登場人物たちのその後」ですべて台無しに。結局、「俺以外はみんな自業自得で不幸に。俺は地道な努力で才能が花開いて一人勝ち」映画だったという。
 あの時の例えようもない腹立ちは、もし目の前に監督がいたら、そして私の手にバールのようなものがあれば、間違いなく頭をかち割ってましたね。ええ。

『ブラッド・ダイアモンド』感想
『ジャンゴ』感想
『マルホランド・ドライブ』感想
『グラン・トリノ』感想

|

« ヒューゴの不思議な発明 | トップページ | フィクサー »

鑑賞記2013」カテゴリの記事