« 彼女が消えた浜辺 | トップページ | ミックマック »

ビール・フェスタ

 コロラドに住む兄弟が、ドイツからの移民だった祖父の遺灰を散骨するためにミュンヘンに行くと、案内人にとある「地下闘技場」へと連れて行かれる。いかにもな地下闘技場なのだが、行われているのは「ビール飲み世界選手権」なのであった。
.
 優勝は地元ドイツのチームで、兄弟とは親戚なのだと案内人に紹介される。兄弟が喜んだのも束の間、ドイツ・チームは怒り狂い、案内人を射殺した上で、兄弟の祖父は私生児で盗人だと侮辱の限りを尽くす。恥辱に塗れて帰国した兄弟は汚名を晴らすため、一年後の大会を目指して猛特訓を始めるのであった……
 .
今時、ここまで能天気で陽性なコメディは、かえって珍しいのではないかと思う。というか、主人公とその友人たちがダメ男ばかり、というのは昨今の主流と同じなんだけど、よくあるダメ男コメディが、ダメ男ぶりを執拗に執拗に描写して、観ているこっちを途中で辟易させるのに対し、本作では相当なダメさ加減でさえ、非常にあっさり流すので、辟易している暇もないというか。
.
 主役級のキャストは(少なくとも日本では)有名じゃない俳優ばかりだが、その他が妙に豪華。死後にビデオでのみ登場する祖父がドナルド・サザーランドだったり、曾祖母の介護人が黒人コメディエンヌのモニークなので、只者の役じゃなかろうと思ってたら、やっぱり只者じゃなかったり。
 曾祖母役の人が、ずいぶん綺麗なおばあさんだと思ったら、アカデミー女優のクロリス・リーチマンだそうである。

|

« 彼女が消えた浜辺 | トップページ | ミックマック »

鑑賞記2013」カテゴリの記事