« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

オール・ユー・ニード・イズ・キル

 科学を否定するサイエントロジストのくせして、トム・クルーズはSF映画(に主演すること)が好きである。しかも、そのSF映画でオスカーを狙っている。無謀というかなんというか。
 しかし、そうやって性懲りもなくSF映画に金と人材を注ぎ込み続けてくれるお蔭で、SF映画というジャンルが維持されているのは事実であり、引いてはSFというジャンルそれ自体の維持に繋がっているわけだから、SF者はトム・クルーズに足を向けて寝られない。

 とか言いつつ、これまでに観たことのあるトム・クルーズ主演のSF映画は『宇宙戦争』だけなんだけどね。いや、トム・クルーズはなあ、あの「何をやってもトム・クルーズ」オーラがなあ。

 今回は、トム・クルーズが良いヘタレだということなので観に行きました。ややネタバレ注意。

「タイム・ループに巻き込まれ、同じ一日を繰り返すことになった初年兵が、経験値を積み重ねることで歴戦の強者になる」という原作の設定をトム・クルーズに適応させる上でネックになるのは、「初年兵」のとこである。そこでトム・クルーズは少佐だけど実戦経験のない広報担当ということになった。登場時は口だけ達者な空々しい奴で、『ザ・エージェント』を彷彿とさせる。それがブレンダン・グリーンソン演じる将軍に前線での取材を命じられ、顔面蒼白となる。
 なんとか体よく断ろうとするが、ブレンダン・グリーンソンは目がマジである。そこで哀願に転じ、それでも駄目となると弱々しい脅迫を試みる。この過程が随分巧い。いや、前々から解ってたことだけど、「何をやってもトム・クルーズ」オーラが抑えられてる時のトム・クルーズは、実は巧い役者なんだよね。

 かくして、素直に命令に従っていれば前線で取材といっても、将校として比較的安全な場所から護衛付きで行えたであろうところを、悪あがきをしたためにブレンダン・グリーンソンを怒らせ、逮捕された上に二等兵に降格され、脱走兵扱いで前線に送り込まれるのであった。

「ゲームのような」とかそれに類する比喩は、だいたい悪い意味での用例しか知らない。良くても「楽しいけど中身がない」「お手軽」といった意味合いだ。ループのたびに「経験」が蓄積されていく、という本作の着想はゲームに基づくものであるが、原作にせよ映画にせよ、特に「ゲーム的」だという印象はなかった。
 だいたい原作にせよ映画にせよ、まんまゲームになったら碌でもないよ? リセットはできるけどセーブはできないって。しかもレベルアップがない。ループを繰り返してステージを先へと進んでいくごとに、キャラクターの能力は多少は向上するとはいえ、あくまでも頼りはプレイヤーの記憶力と技能向上に掛かってるって、あまりにも厳しすぎる。
 私が人並み外れてトロくて不器用(コントローラーをまともに操作できない)だというのを除外しても、どれだけ先に進めてもリセットしたらまた最初からやり直しって、うんざりして投げ出さない人はいないだろう。強制されて何百回と繰り返せば、人によってはそのうちクリアできるだろうけど(私は何千回やろうと無理だ)、そもそもゲームは強制されてやるものじゃない。

 ゲームとして問題なのは難易度ではなく、セーブができないということなのだが、これが物語であれば、セーブができてしまったら随分つまらないことになる。その代わり物語では(小説だろうと映画だろうと)、「繰り返し」場面を省略することができるので、読者(観客)はいちいち付き合わずに済む。
 つまり本作の設定に取り込まれたゲームの要素は、物語をおもしろくするために選択されたものである。「リセット」の設定が「ゲーム的」で「安易」だ、という批判を見かけたが、その設定があるからこそ、リセットできることに観客がすっかり慣れた頃に、いきなりリセット不可になるという展開は、非常な緊張感をもたらす(まあこれは原作にない展開だが)。

 トム・クルーズの「予知能力」を散々見せつけられてなお、信用せずに拘束しようとするブレンダン・グリーンソンの態度はリアリズムに徹しているが、そうするとその直後に兵士たちがトム・クルーズを割合あっさり信用してしまう展開には、御都合主義の感が否めない。
 彼らを信用させた決定打はエミリー・ブラント演じる「戦場の牝犬」の存在、ということになるのだが、だったら序盤で彼女が一般兵士から畏敬されている描写を、もう少しやっておいたほうがよかったんじゃないかと。

 ほかにも、その日一日、生き延びた場合はループはどうなるんだとか、リタ・ヴラウスキがギタイ殲滅に執念を燃やす理由付けとして、少しは過去に触れたほうがよかったんじゃないかとか、気になる点はあるが、全体として原作の改変は申し分ない。ちゃんと敬意も感じられるし。
 背景の端々で日本語の台詞や文字がうろちょろしていたのは、「原作への敬意」のつもりなんだろうな。でも画面に日本人は一人も登場しない。「日本軍」の「戦闘参加」の問題をどうするのか、考えるのがめんどくさかったのかもしれない。
 原作ではリタの装甲服は全身真っ赤という設定だったが、映画では他の兵士と同じ黒一色に、胸部だけ赤くペイントされている。それだけでも充分目立つ上に、日本のアニメっぽいデザインになるものなんだなあと感心。

 とりあえず今回のヘタレ演技で芸風を広げたトム・クルーズには、これからも頑張ってもらいたいものである。SFの未来のためにも。

|

アナと雪の女王

 姪(小五)と一緒に観たので日本語吹替版。
 どこをどう切っても大変よくできた作品であるが、原作としてアンデルセンの『雪の女王』をクレジットする必然性がどこにも見当たらない。唯一共通点と言えるのは、準ヒロインが「氷雪系の魔法を使う女王」というとこだけじゃないか(エルサはあくまで人間の女王であって、「雪を司る女王」ではない)。

 ここまで影も形もなく改変した上でなお「アンデルセン原作」と言い張るのはつまり、原作よりおもしろくしてやったぞ、と自慢したいわけだな。『アリス・イン・ワンダーランド』や『ライオンと魔女』もそうだが、ディズニーってつくづくオリジナルへの愛も敬意も欠いてるねえ。

|

トランセンデンス

 人工知能の研究者が、反テクノロジーを標榜するテロリストの銃弾に倒れる。研究上のパートナーでもある妻は、夫の脳をコンピュータにインストールすることで、精神だけでも蘇らせようとする。その試みは成功したかに思われたが……

 人工知能(ロボットという肉体の有無にかかわらず)が登場するSFと「SFもどき」を分ける基準は、その人工知能の「自我」の問題をきちんと扱うか扱わないかである。
 この基準を適用すると、人工知能を出す映画のほとんどはSFではなくSFもどきになってしまうわけだが、本作はまあギリギリで及第点。それだけでも大したものである。自我を獲得したかのように見える人工知能であっても、果たしてそれは「真」の意味での自我なのか、という問題を追究するからこそ、答えが肯定的なものであっても否定的なものであってもおもしろいのであるl。その過程をすっ飛ばして安易に人工物が自我だの魂だのを獲得するSFもどきが、映画に限らず多すぎる。
 
 主演はジョニー・デップ。「生前」の彼が研究一筋だが紋切り型のマッドサイエンティストではない、人間味溢れる科学者を好演しているのに対し、「死後」の演技は割合平板なのは、演技のヴァリエーションの狭さが如実に現れてるな(なんか、『ノイズ』を思い出させる)。
 作品全体としても、主人公がコンピュータ上に蘇るまでは展開にメリハリがあるが、その後は砂漠の地下に造られた施設とその周辺に終始してしまう。電脳空間内のジョニー・デップが「一人シンギュラリティ」でどんどん「凄い技術」を開発していってるはずなのに、それらが社会に及ぼす影響がまったく描かれていないといった穴もいろいろと。

 まあしかし、上記の人工知能の自我問題に加えて、人工知能と反テクノロジー派のどちらも、単純に善悪で分けていないところは評価できる。
 
 ジョニー・デップの「科学者っぽさ」(生前ヴァージョン)比べると、レベッカ・ホールやポール・ベタニーは科学者役にしてはスマートすぎる。でもまあリアリティを追求すればいいというものでもないしね。レベッカ・ホールは『プレステージ』の時に比べて垢抜けたなあ。
 ほかにジョニー・デップとレベッカ・ホールの恩師役でモーガン・フリーマン。FBI捜査官役でキリアン・マーフィー。「どんなところにも顔を出す」モーガン・フリーマンはともかく、ポール・ベタニーとキリアン・マーフィーが顔を揃えてるのが見られて嬉しかったり。
 

|

モスキート・コースト

 ハリソン・フォードが手前勝手の極みといった親父の役なのだが、憎むべき暴君というよりはむしろ憐れを誘う社会不適合者である。この人、演技巧かったんだなあ。
 ハーヴァード中退の発明家から始まって、ジャングルの開拓者、ビーチ・コーマー、漂流者へとどこまでも落ちぶれていく彼に、ヘレン・ミレン演じる妻がどこまでも付いていこうとするのも、やはり同情ゆえだろう。でも子供の立場だったら、やっぱり殺したくなると思う。

 80年代の映画はあまり観ていないので、リヴァー・フェニックスは『スタンド・バイ・ミー』しか観たことがなかった。あれで特に際立ってるとは思わなかったのは、たぶん主役の子も巧いからだろう。今回初めて、なるほど天才子役と呼ばれただけのことはあると納得。

|

300 帝国の進撃

 前作『300』は、甚だ不快な作品であった。いろんな方面に対する露骨な差別や玉砕の賛美といった無神経さについては言うまでもないが、私はマッチョが嫌いなのである。というか、全般に男の筋肉には根強い不信感がある。
 これらのことを、ある程度は事前に知っていたのに、じゃあなんで観たのかと言えば、ワイヤーを使っていない白兵戦が観たかったのである。質にもよるが、殴り合いや撃ち合いより斬り合いのほうが好きだ。ほかに理由はない。そしてこの点については、かなり満足できた映画であった。

 数年前、『300』続編製作の噂を初めて耳にした時、最初に口をついて出た言葉は「どうやって?」であった。全滅してるじゃん。
 で、二年くらい前だったかな、サラミスだと聞いて、なるほどそう来たかと感心したものの、前頭葉を使わない展開になることは容易に予想がついた。

 そもそもテルモピュライの戦いは、ヘロドトスの『歴史』においては非常に、いや唯一の特異な例外である。『歴史』に記された他のエピソードは、説話的な要素を取り除けば、どれも極めて小市民的で地に足がついている。つまり、良くも悪くも超人的な人物はいない。勇敢さも悪辣さも賢明さも狡猾さも、偉大さですら地に足がついたものである。間抜けさについは言うまでもない。華々しい玉砕に一直線のテルモピュライは、ひたすらに異質だ。
 だからテルモピュライとほぼ同時進行だったサラミスの海戦も、ひたすらに人間臭いアンチ・ヒロイズムのエピソードの集積である。ペルシアの大軍の侵攻ルートに対し、より前方に位置するので切羽詰ったアテナイのテミストクレスが、より後方にある余裕から日和見を決め込もうとする他の国々(およびペルシア軍)を小細工の限りを尽くしてサラミスでの決戦に引きずり込む、というのがその全貌である。テミストクレスが弄する工作はいずれも「小細工」以外の何ものでもなく、智謀とか奇計といった上等なものではまったくない。

 散々日和った挙句に、小賢しい策にまんまとのせられた間抜けさまで上塗りすることになったギリシア軍は、いよいよ決戦となると腹をくくって勇敢に戦う。映画ではそこに至る過程はすべてカットされていたのは予想どおりであったが、じゃあなぜわざわざ映画館まで行ったかと言えば、海戦が観たかったからである。ほかに理由はない。
 その点は期待に違わず、衝角でバリバリと真っ二つになる船を迫力ある映像で観られたので、それだけで充分満足である。いや、素晴らしかった。

 だから、後は要らん。

 当然、クライマックスは決戦となるので、それまでの間繋ぎにテミストクレスとギリシャ勢の駆け引きを全部カットしてしまった代わりに、前哨戦が入れられている。ここでオーソドックスな「衝角で敵船を真っ二つ」戦法をやってしまったので、決戦にはもっと凄いことをやらなきゃとばかりに時代考証を無視したトリッキーな戦法が捻り出されている。時代考証を無視したトリッキーな戦法が大概そうであるように、おもしろくない。
 さらに、それでもまだ間が持たないので、アルテミシアがペルシア全艦隊の指揮官にされた上に、すごくどうでもいい過去設定を付加されて出ずっぱりとなる。演じるのは目の周りを真っ黒に塗るのが好きな女エヴァ・グリーン。今回は黒く塗ってる面積がいつもの三倍はある。
 で、間をもたせるためにテミストクレスとやったりもする。あれは『ダーク・シャドウ』の「プロレス」の「続き」にしか見えなかったんだが、もしかしてネタではなかったんだろうか。

 それにしても、役作りのために鍛えたという割には、全然筋肉が付いてなかったなあ。明らかにスタントを使っていないカットでもちゃんと動いてたから、筋肉が付いても外見に現れにくいというだけなんだろうけど(女の筋肉は結構好きなので残念)。

 まあ今回は極端な軍国主義のスパルタではなく、民主主義の国々が主体なので、野郎どもは農民や職人、商人にあるまじきマッチョばかりとはいえ、前回ほど異様に膨れ上がった筋肉を誇示してはいない。ヒロイズムも一般市民レベルにまで下げられている。
 テミストクレス役のサリバン・ステイプルトンは、なんか今いちぱっとせんな。地元の映画館では、公開からわずか二週間で上映回数が激減したのだが、原因はこいつが地味だったからだろうか。傍にくっついていた「詩人」は劇中では一回も名前を呼ばれてないはずだが、アイスキュロスだそうだ。だから何?
 
 ともかく、この一作で本格的な海戦映画の技術が確立されたわけだから、今後が非常に楽しみである。リドリー・スコットあたりが何かやってくれないかな。

ヘロドトスの『歴史』と佐藤哲也氏の『サラミス』の比較検証

前作感想

『ダーク・シャドウ』感想

|

一生のお願い

 オールタイム・ベストSFアンケートの回答(『SFマガジン』2014年8月号)をパラパラ見てたら、おお、イラストレーターの橋賢亀氏(『ミーチャ・ベリャーエフの子狐たち』収録作の『SFマガジン』掲載時にイラストを担当していただきました)が、海外長篇部門でマキリップの『イルスの竪琴』を挙げておられる。

 私は異世界ファンタジーが苦手なのですが(その世界での物理法則、いやそれ以前に物質の組成はどうなってるんだとか気になってしまうので)、『イルスの竪琴』だけは別格です。まあこれも「不信の停止」が必要なのは同じなのですが、その問題を乗り越えるほどに、あの質実剛健であると同時に繊細な世界は美しい。
 高校の時、小説を書きたいけど書けない、でも何か「創作」はしたい、という理由で入った漫研で下手なくせに少しでも上達しようと一生懸命絵の練習を続けたのは、『イリスの竪琴』をコミカライズしたい、という遠大な目標があったからです。
 結局、到達できませんでしたけどね。岡野玲子が『妖女サイベルの呼び声』をコミカライズした時は、どうして『イルスの竪琴』じゃないんだーっ、と心で叫んだものです。

 ひょっとすると、橋氏がこの記事を目にされることがあるかもしれないから、書いておこう。

 橋さん、『イルスの竪琴』の、コミカライズとは言いませんから、イラストをどこかで描いてくれませんか。

|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »