« コンセプシオン、疫病の王、生体甲冑、そしてキルケー・ウイルス | トップページ | 300 帝国の進撃 »

一生のお願い

 オールタイム・ベストSFアンケートの回答(『SFマガジン』2014年8月号)をパラパラ見てたら、おお、イラストレーターの橋賢亀氏(『ミーチャ・ベリャーエフの子狐たち』収録作の『SFマガジン』掲載時にイラストを担当していただきました)が、海外長篇部門でマキリップの『イルスの竪琴』を挙げておられる。

 私は異世界ファンタジーが苦手なのですが(その世界での物理法則、いやそれ以前に物質の組成はどうなってるんだとか気になってしまうので)、『イルスの竪琴』だけは別格です。まあこれも「不信の停止」が必要なのは同じなのですが、その問題を乗り越えるほどに、あの質実剛健であると同時に繊細な世界は美しい。
 高校の時、小説を書きたいけど書けない、でも何か「創作」はしたい、という理由で入った漫研で下手なくせに少しでも上達しようと一生懸命絵の練習を続けたのは、『イリスの竪琴』をコミカライズしたい、という遠大な目標があったからです。
 結局、到達できませんでしたけどね。岡野玲子が『妖女サイベルの呼び声』をコミカライズした時は、どうして『イルスの竪琴』じゃないんだーっ、と心で叫んだものです。

 ひょっとすると、橋氏がこの記事を目にされることがあるかもしれないから、書いておこう。

 橋さん、『イルスの竪琴』の、コミカライズとは言いませんから、イラストをどこかで描いてくれませんか。

|

« コンセプシオン、疫病の王、生体甲冑、そしてキルケー・ウイルス | トップページ | 300 帝国の進撃 »

日常」カテゴリの記事