« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

シンデレラマン

 ジェームズ・ブラドッグは将来を嘱望されたボクサーだったが、株に手を出した直後に大恐慌が起きる。以後、少しでも稼ぐために無理なスケジュールで試合をこなさなければならなくなり、怪我が多くなり、負けが込み、賞金は少なくなり、という悪循環で、大恐慌4年目にして、とうとうライセンスを剥奪される。

 以下、ネタバレ注意。

 何年も試合から遠ざかっていたボクサーが、代役として急遽出た試合で勝利を収め、その後もトントン拍子で勝ち続け、ついにはチャンピオンになってしまう、という嘘のような本当の話。
 とはいえ、何年も試合どころかトレーニングさえしていなかったのに、いきなり勝ててしまう、という件に関しては「奇跡」ではない。身体を使った技能(スポーツや楽器演奏など)にある程度熟達した人は、イメージトレーニングだけでも実際のトレーニングに近い効果を得られるようなるんだそうな。運動をイメージするだけで、高次運動野がそのとおりに活動するようになるからだ(正確な動きをイメージできる程度に習熟している必要がある)。
 だからブラドッグが何年ものブランクの後でも勝つことができたのは、彼がその間ずっと「ボクシングをする自分」を思い描き続けていたからだということになる(当時はイメージトレーニングなんて知られていなかっただろう)。つまり勝てたのは、奇跡でも強運でもなく文字どおり意志の力のお蔭だったわけで、そのほうが遥かに感動的である。
『戦場のピアニスト』でエイドリアン・ブロディがトーマス・クレッチマンの前で見事な演奏を披露できたのも、同じ理由からだな。

 ブラドッグを演じるのがラッセル・クロウ、その妻がレニー・セルヴィガー。どっちも嫌いな役者で、単体だけならまだしも二人揃ってるなんて耐えられそうもない、というのが今まで敬遠していた理由だが、偶々観る機会があったので。
 クロウを嫌いな理由は暑苦しいからで、セルヴィガーを嫌いな理由はこれ見よがしに「どう、巧いでしょ?」な演技だからだが、本作では二人ともその嫌な部分が抑えられている。特にクロウは暑苦しさがまったくなく、『L.A.コンフィデンシャル』以来である。しかもコミカルな場面ではちゃんとコミカルな演技をしてたし。

|

鉄コン筋クリート

 キャラクターは松本大洋の原作かなりそのまんまだが、舞台となる宝町は緻密な極彩色のランドスケープと化しており、明らかに主役はこっち。

 町全体としては「過去にも現在にも存在しない町」なわけだが、通り一本とか建物一軒、オブジェ一個という単位でなら、少し前まで日本のどこかにあったようなものばかりだ。特に大阪あたりに多かった感じだが、今でも田舎に行けば、悪夢のようなセンスの閉鎖された遊園地とか意味不明なオブジェがごろごろしてるからな。  
 そういう「どこかにありそうで、どこにもない」「どこにもないが、どこかにありそう」な町を主役に、補佐するかたちで、よくまとまった脚本、よくうごくキャラクター、いい仕事をしてる声優陣、印象的な音楽と、全体的にたいへん楽しい映画でした。

|

ラースと、その彼女

 冬の寒さの厳しい田舎町に住むラースは対人スキルが非常に低く、家を出ていた兄が妻を連れて戻ってくると、同居を拒んでガレージで暮らすほどである。周囲は彼のことを何かと気に掛けるのだが、本人は放ってもらいたがっている。
 そんなラースが、兄夫婦に紹介した「ネットで見つけた恋人」は、いわゆるラブドールだった。
 どうやら人形を本物の人間と信じているらしいラースを、兄夫婦は言いくるめて町医者のところへ連れて行く。心理学者でもあるその女医さんの指示は、「ラースの妄想を受け入れなさい」
 自分たちだけでは手に余ると判断した兄夫婦は、教会を中心とした町の自治会にも協力を仰ぐ。その結果、町ぐるみでラースの妄想を受け入れることになる。

 いくら小さな田舎町とはいえ、個人を支える多数の善意の規模は電車男並みのあり得なさだが、善意の中心にあるのがラブドールというところに毒がある。その毒も含めて出来のいいお伽話。

|

ドラキュラZERO

 ブラム・ストーカーの『ドラキュラ』は、あくまでワラキアの君主ヴラド3世をモデルにしているだけで、ヴラド本人が吸血鬼だったとしているわけではない。それを、ヴラドが吸血鬼だった、という話にしたのが本作。
『ヘルシング』でも確か、ドラキュラ=ヴラドという設定だったと思うが、まあドラキュラ映画としてはオリジナルな発想であろう。

 串刺し公ヴラドはルーマニアでは英雄ということになっていて、残虐行為も「小国の君主の已むに已まれぬ必要悪」ということになってるそうだが、本作もこの路線で押し通している。織田信長の人気を考えれば、日本人にこのヴラド像を批判する資格はないわな。

 吸血鬼に興味がないのになぜ観に行ったかと言えば、①ルーク・エヴァンス好きの妹に付き合いで、②大幅にフィクションとはいえ、ヴラド・ツェペシュが主人公の映画に興味があったから。
 結果としては、それなりに史実を素材として巧く使っていて、例えばヴラドが少年時代にオスマントルコの人質だったという史実とイェニチェリ制度を組み合わせて、ヴラドはイェニチェリだったので戦闘能力が高いんだという設定にしてある。ついでに、衣装やセットも、このレベルの嘘歴史アクション映画にしては重厚で美しい。
 吸血シーンも、「ヴラドが吸血鬼になるまでの話」なので、ほとんどないし、吸血鬼の描写もおおかたは「醜悪な怪物」なのもよかった。何が嫌いって、お耽美な吸血鬼ほど嫌いなものはないんだよ。
 
 というわけで、吸血鬼になったルーク・エヴァンスにも興味はないのだが、解放された「マスター・ヴァンパイア」(解放後はいったい何になったんだとか、ところどころ設定が曖昧だなあ)のチャールズ・ダンスが、ダンディな老紳士でなかなかかっこいい。

|

ライフ・オブ・パイ

 動物園を経営する父と大学出の母を持つインドの少年パイは、幼い頃から信心深く、ヒンドゥー教に加えてキリスト教とイスラムも信じるようになる。やがて動物園の経営が思わしくなくなり、一家は動物たちとともにカナダへ移住することになる。
 船は太平洋上で嵐に遭い、救命ボートに乗ることができたパイとシマウマ、オランウータン、ハイエナ、そして虎を除き、家族も他の動物も乗員も皆、船とともに海に沈んでしまう。
 翌日、嵐が止むと、まず足を骨折したシマウマをハイエナが殺し、続いて雌のオランウータンとハイエナが格闘になり、オランウータンが殺される。怒りに駆られたパイがナイフでハイエナを刺し殺そうとした瞬間、それまでシートの下に隠れていた虎が飛び出してきてハイエナを殺す。
 斯くしてボートには少年と虎が取り残され、メキシコまで漂流を続けることになる。

 以下、ネタバレ注意。

 この「奇想天外な話」が、もう一つの「奇想天外でない話」のメタファーと解釈すれば、非常にわかりやすい。パイの「暴力性」のメタファーである虎が、それまで隠れていた場所から飛び出してきたのは、パイがまさにハイエナを殺そうとした瞬間だし。
 とはいえ、こちらの「奇想天外でない話」はあまりに殺伐としているし、「奇想天外な話」が何もかも「現実」のメタファーだとしたら、例えば人食いの浮島は何を暗示しているのか不明である。
 要は、無理に理屈にこじつけず、「奇想天外な話」を楽しむべきだということである。

|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »