« 『SFが読みたい 2015年版』 | トップページ | ゴーン・ガール »

『SFマガジン』2015年4月号

81aia0gl_2

『SFマガジン』2015年4月号 

 2000番到達記念特集ということで、ハヤカワSF文庫総解説PART1[1~500]。いろんな方が解説を担当していらっしゃいますが、私はポール・アンダースン&ゴードン・R・ディクスンの〈ホーカ・シリーズ〉(『地球人のお荷物』『くたばれスネイクス!』『がんばれチャーリー』)を担当させていただきました。
 誰がどの作品を担当しているのかを見るのも楽しいと思います。

 501番以降は次号ということになるのですが、次号から『SFマガジン』は隔月化してしまうんですよね……その分、内容はいっそう充実するとはいえ、複雑……

 ところで、私が〈ホーカ〉を担当することになったのは、『地球人のお荷物』が好きだと言ったからなのですが、解説を書くにあたって、シリーズ3作を読み返していて、ふと思ったこと。

 ……ひょっとして、「絶対平和」の戦争システムって、〈ホーカ〉の影響受けてないか?

 19世紀以前の戦争を模している、という設定はすでに『グアルディア』(執筆は2002~2003)の時からあって、『地球人のお荷物』を読んだのは、正確な時期は忘れたけどそれ以前なのは確かで(続編を読んだのはもっと後)、でも『グアルディア』から「The Show Must Go On!」で設定を具体的に詰めて執筆するまでも、その後も、今回の再読に至るまで一度たりとも〈ホーカ〉の「ごっこ遊び」との類似に思い至らなかったのは事実です。

 でも、無意識に影響を受けてる可能性はゼロではない……

 しかし本当に影響を受けたとしたら、あの愛すべき「ごっこ遊び」から、あんな陰惨な話が出てくるというのも嫌ですね……嫌なのは私の頭の中か。

 何はともあれ、〈ホーカ・シリーズ〉はとっても可愛くてタチの悪いお話なので、是非読んでみてください。

51567a8kw8l_2

『地球人のお荷物』

|

« 『SFが読みたい 2015年版』 | トップページ | ゴーン・ガール »

お知らせ」カテゴリの記事