« レボリューショナリー・ロード | トップページ | イベントなど »

バードマン

 アメコミの映画化の主役で一躍スターになった俳優が、そのイメージから抜け出せず、以後長い下り坂のキャリアが続く……というマイケル・キートンそのまんまのキャラクターを、マイケル・キートンが演じる。

 今回、『レスラー』のミッキー・ロークや『ブラック・スワン』のナタリー・ポートマンに対するような、「キャリアが行き詰った、かつてのスター」に対する興味は別になかったので、主人公の鬱屈がひたすら続く中盤までの展開には、あまり乗れなかった。
 しかし、いよいよ主人公の狂気が嵩じて「バードマン」が姿を現してからの祝祭的な空気の中、キートンの憑かれたような演技は素晴らしい。
 エドワード・ノートンは、これまで観た中で一番よかった。ナオミ・ワッツは、あまりにも老けてたんでびっくり。というか、私はナオミ・ワッツをナオミ・ワッツと認識できた試しがないんだが。誰だか気づかなかったり、予めナオミ・ワッツがどの役か知ってても、「あれ、こんな顔だったっけか」と思ってしまう。演技の印象が薄いわけじゃないんだけどなあ。

 ところで、この映画はコメディなんだそうである(実際、ゴールデン・グローブ賞ではコメディ部門で主演男優賞を獲っている)。コメディか、これ……?
 あらゆる面で非常にレベルが高い作品だが、コメディとして観た場合、いやあ……と言葉を濁さざるを得ない。
 脚本だけを思い返してみれば、確かに笑える要素はふんだんにある。役者の演技も、部分部分はおもしろい。でも、実際にはほとんど笑えなかった(少しは笑えたところもあったが)。同じ脚本、同じキャストで、違う監督だったら、笑いっ放しだった可能性だってあるくらいなのに。
 コメディとして何が悪かったんだろう。映像や演出がスタイリッシュ過ぎ、時として実験的ですらある、というのは、それほどネックにはならないだろう。そういう撮り方をしていても笑いのある作品は少なくない。
 やはり最大の原因は、間の取り方の悪さだろう。あくまでコメディ映画の監督としては、アレハンドロ・イニャリトゥ、才能ないんちゃう?

「スタイリッシュ」な(「すかしてる」とも言う)映像や演出も、かなり鼻に衝いたしな。現実と非現実(主人公の妄想)の境界の曖昧さは巧く表現されていたが、それ以外の部分。難解なようで、その実、解りやすすぎるというか露骨というか。
 例えば、主人公と「心の通っていない娘」を演じたエマ・ストーンはギョロ目なんだが、時々、それがひどく強調されている。どういう場面でかというと、父娘の冷え切った遣り取り、特に父親に向かって「ネット上で注目されていないパパは、現実に存在しないも同然」といった主旨の台詞を吐く場面なんか、クリーチャーじみてさえいる。
 主人公にとってとその世代が得体の知れない不安を掻き立てる、ということを象徴してるわけだが、解りやすさを通り越して子供騙しのレベルだ。
 あるいは終盤、主人公が鼻を負傷して、顔の上半分をガーゼで覆われるのが、ちょうど「バードマン」の仮面そっくりになるとか。まあだからって、ほかの場所を怪我すればよかったという問題でもないけど。

 何はともあれ、マイケル・キートンの努力が報われてよかったです。これまでの低迷を取り戻すべく、活躍してほしいものだ。

|

« レボリューショナリー・ロード | トップページ | イベントなど »

鑑賞記2015」カテゴリの記事