« 私がクマにキレた理由 | トップページ | 『SFマガジン』2015年8月号 »

アイアン・フィスト

 タランティーノ映画にたびたび楽曲を提供しているウータン・クランのリーダーで、タランティーノとは武侠映画ファン仲間のRZAが監督・脚本・主演を務めた米製武侠映画。

 特に地の利もなさそうなのになぜか悪党集団が割拠する辺境の村(森もないのに「ジャングル・ヴィレッジ=叢林村」という名だ)を、政府の金塊を護送する部隊が通過することになり、それを巡ってさまざまな思惑が……という、まんまマカロニ・ウェスタンなプロットに、近年のではなく往年の武侠映画のメソッドをてんこ盛りにした、いかにも昆廷・塔倫帯(クウェンティン・タランティーノ)諾呈献(プレゼンツ)な映画。
 つくづく清代末期って、なんでもありだな。辺境の無政府状態の村で、黒人が鍛冶屋をやってても、一応もっともらしい説明がついてしまうんだから。ゴードン・リューが山奥の少林寺(のような寺)の門主で、ルーシー・リューがフランス帰りの娼館のマダムで、ラッセル・クロウが阿片中毒の怪しい英国人ジャック・ナイフ(名前)。

 同じく趣味をこじらせた挙句にしても、だらだら垂れ流しの『キル・ビル』に比べ、こちらは1時間半ですっきりまとまっている。ただ、RZA本人があまり目立っていない。別に奥ゆかしさからというわけではなく、当初完成したものは4時間もあったというから、本人の見せ場ももっとあったに違いない。本人は『キル・ビル』同様、二部作にしたかったが叶わなかったんだそうな。誰か『キル・ビル』の時のタランティーノに同じことをしてやればよかったのに。

 そういう裏事情とは関係なく、前頭葉を使わずに楽しく鑑賞できました。嫌いな役者がこれまでのキャリアにないような役を嬉々として演じてたりすると、それだけで格段に株が上がってしまうのだが、今回のラッセル・クロウも然り。毎回こんなんだったら、あの不細工な犬のような顔をスクリーン上で観ても平気なんだが。

|

« 私がクマにキレた理由 | トップページ | 『SFマガジン』2015年8月号 »

鑑賞記2015」カテゴリの記事