« 『伊藤計劃トリビュート』と『SFマガジン』10月号 『伊藤計劃トリビュート』 | トップページ | アイアンクラッド »

『SFマガジン』10月号

 本日発売の『SFマガジン』10月号は、伊藤計劃特集です。
 10月から3ヵ月連続で公開される劇場アニメ『屍者の帝国』『虐殺器官』『ハーモニー』の紹介、評論などとともに、伊藤計劃氏と同世代の作家、20代の作家、現役学生による3つの座談会が収録されています。

 私は藤井太洋氏、長谷敏司氏とともに、同世代作家の座談会に出席しました。あんまり喋ってませんが、あれでいっぱいいっぱいです。藤井さんの「公正的戦闘規範」について一言も述べていないのは、長谷さんが先に私が言いたかったこと+実のある感想をさらにいろいろを述べられたからです。だいぶ短縮されて収録されてますが。

 とにかく、たいへん中身の濃い特集です。

71gi9hsjt7l 『SFマガジン』10月号

 以下は座談会記事を前提としています。

 親しい人を亡くした時、人は合理的でない反応をしてしまいがちで、その死に罪悪感を抱くのは典型的な例である。
 もちろん私は、伊藤氏と「親しい」間柄ではなかった。にもかかわらず氏の訃報に接し、まさにその典型的な反応をしてしまったのは、一度だけの出会いが、自覚していた以上に強く印象に残っていたからなのだろう。
「親しい人の死への反応例」の知識は当時からあったのだが、自分がそうだと気づくことはできなかった。そんな余裕はまったくなかった。その後、「気づいた」瞬間があったわけではなく、何年もかけて徐々に納得していった、という感じだ。

 だから、この話は座談会の時まで誰にも(塩澤編集長を例外として)話したことがなかった。六年も経てば話せるようになるものだな――とこの時は思った。座談会後は藤井氏と長谷氏、編集者の方々と和気藹々と会食し、その夜は穏やかな心持ちで就寝したのだが……翌朝、全身筋肉痛で動けない。
 どうやら、座談会で伊藤氏の話題の間中、無意識に身体を強張らせていたせいらしい。強いストレスが掛かると、そうなることがある。ストレスは精神的なものとは限らなくて、真冬の戸外に長時間いただけでなったりもする。が、精神的なストレスでは、そうそうなるものではない。
 六年では全然足りなかったらしい。

 私がお会いした計劃さんは、とても元気で明るくて、“死”はおろか、“病”の影すら結びつけることのできない人だった。だから、近いうちにどこかで再会できると思っていた。実際、逸してしまったがその機会は幾度かあった。
 そんな呑気な気持ちでいたところを訃報に打ちのめされ、そこから立ち直らないうちに、なおも「近いうちにどこかで再会できる」と思っている自分に繰り返し気づかされることになった。

 願望なのだろう。だが意識の上では、予測であり確信だ。気づくたびに、そうではないと自分に言い聞かせる。だが未だに、さすがに間遠にはなったものの、ふとしたはずみにこの感覚は頭をもたげてくる。

 そういうことを、繰り返している。

|

« 『伊藤計劃トリビュート』と『SFマガジン』10月号 『伊藤計劃トリビュート』 | トップページ | アイアンクラッド »

お知らせ」カテゴリの記事