« 映画感想INDEX あ~な行 | トップページ | スカイフォール »

PAN

『ピーターパン』の前日譚ということになんだが、ピーターは「大人になるのが嫌で家出した子供」ではなく、捨て子だということになっている。
 この時点で、原作のシニカルさは雲散している。まあ原作のピーターは、相当やな奴だからね。その欠点は一言で言えば「幼児性」だが、本物の子供の幼児性というより、「大人になりたくない大人」(おそらく作者であるバリー自身)の幼児性だからなあ。
 
 とはいえ原作の毒気は抜かれているわけではなく、海賊黒ひげに集約されている。ネバーランドの侵略者で、現実世界の孤児を買い取っては採掘場で死ぬまで働かせるのである。
 演じるのはヒュー・ジャックマン。ハゲ+ヅラ+白塗りという、事前に知っていなければ誰だか気づけそうもないメイクで、すごく楽しそうである。登場シーンには、元孤児の鉱夫たちがニルヴァーナを合唱する(本人も歌う)。
 
 ピーターを利用して採掘場から脱走する若い鉱夫が、フック船長の前身。『トロイ』のパトロクロスか。その後の出演作も幾つか観てるはずだが憶えてないな。今回は結構キャラが立っている(以下ネタバレ注意)。
 しかしそれだけにこの後、黒ひげが消えてすっかり毒気が抜かれたネバーランドで、ピーターやタイガー・リリーと互いに命を狙い合う敵になるのは、ちょっと展開に無理があるんじゃなかろうか。

 タイガー・リリーはルーニー・マラー。そう言えば、原作でも彼女の部族が北米先住民だとは一言も言ってないんだよな。というわけで、映画の中での彼らは欧米人が考えるところの世界中の「エキゾチック」を寄せ集めた上でカーニヴァル仕立てにしたようなデザインと民族構成である。
 痩せて小柄な彼女がそういうデザインの衣装を着けて「闘うプリンセス」を演じると、なんか『もののけ姫』みたいだ。

|

« 映画感想INDEX あ~な行 | トップページ | スカイフォール »

鑑賞記2015」カテゴリの記事