« 『ヴァーミリオン・サンズ』その他 | トップページ | 『山椒魚戦争』 »

うわあ、うわあ

 以前、こういう記事を上げました。

 橋賢亀氏には『SFマガジン』掲載作のイラストを担当していただいたことがあるのですが、そういう、ちょっとだけでも御縁のある方でマキリップの『イルスの竪琴』のファンを発見したのは初めてだったので、すっかり嬉しくなった挙句、図々しいお願いをしてしまったのでした。
 いや、でも、そもそも記事が橋氏の目に留まることだってあるかどうかわからなかったし、半ば以上「神頼み」のような気持ちだったんですが……

 うわあ、うわあ、モルゴンレーデルルデスだあ……(イラストにリンクさせていただいています)

 ほんっっとうに、ありがとうございます。すごいすごい、うれしいうれしい。
 
『イルスの竪琴』の雰囲気にぴったりだろうな、という予想どおりで、そして予想以上に素敵です。華やかだけどケバケバしくない、繊細だけど脆弱じゃない――というのが『イルスの竪琴』の雰囲気です。
『イルスの竪琴』を読んだことのある人もない人も、是非このイラストを御覧になってください。そして美しいと思ったら、是非『イルスの竪琴』(旧版は早川書房さんから、改訳版は東京創元社さんから)を読んでください(すでに既読の人は再読を!)。

 ああ、しかし本当に描いていただいたとなると、図々しいお願いだったと改めて実感。もちろん強制されたのではなく、『イルスの竪琴』がお好きだったから描かれたわけですが。
 ああそして、予想以上に素敵だったから、もっと見たいと思ってしまうのですが……いや、例のブログを書いた時も、軽々しくお願いしてはいけないと解っていたから、「一生(に一度)のお願い」と限定したわけですが……
 今後、橋さんが『イルスの竪琴』のイラストを描く機会があることを、今度こそ神頼みするしかないか……どこかでマキリップ特集とか、それが駄目ならファンタジー特集とか。

 というわけで神様、どこかの雑誌編集者様、何卒お願いいたします。

(なお、この記事はもっと早く上げたかったのですが、例によって体調を崩していたのでした。どうもすみません)

|

« 『ヴァーミリオン・サンズ』その他 | トップページ | 『山椒魚戦争』 »

日常」カテゴリの記事