« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

「ガーヤト・アルハキーム」解説 その五十六

『ナイトランド・クォータリー』vol.18「想像界の生物相」掲載の短篇「ガーヤト・アルハキーム」の解説です。

目次

note
14行
ヒルミス主義およびジャービル錬成術からの……(続)
 クラウス(前回参照)の見解に従えば、イスマイールの父ジャアファル・サーディクがジャービルの師であり、サーディク自身も錬成術(錬金術)師だったという伝承も、イスマイール派の捏造だということになる。
 解説その四十二の「彼にとっての学問とは……」の項で述べたとおり、サーディクが錬成術師だった可能性はほぼない。しかしサーディクが多くの弟子を持つ学者だったという伝承は信憑性が高いので、錬成術以外の分野でジャービルが師事した可能性は否定できない。
 ところで、サーディクがジャービルの師だったという伝承がイスマイール派の捏造ならば、その息子のイスマイールこそ、ジャービルと関連付けた伝承が量産されそうなものである。年齢も近いし。
 そのような伝承が現存していない理由は、イスマイール自身に関する伝承そのものが少ないことと同じだろう。すなわち、8世紀後半から9世紀にかけて水面下で起きていたと推測される、「イスマイールを重視するイスマイール派」と「イスマイールを重視しないイスマイール派」の対立で、後者が勝利した結果、イスマイールに関する伝承の多くが失われてしまったと考えられるのである(前々回の「イスマイール派」の項参照)。
 失われたといっても、別に「イスマイールを重視しないイスマイール派」が積極的に抹消して回ったといったような陰謀論じみた話ではなく、「イスマイールを重視するイスマイール派」が途絶してしまえば、その伝承も途絶してしまうし、文献があったとしても、すでに獣皮紙ではなく紙の時代なので、写本が作られることもなく朽ちてしまったのだろう。
 ジャービルがハッラーン出身、またはハッラーンで錬成術を学んだ、という伝承もある。イスマイール派の教義にはヒルミス(ヘルメス)主義も取り込まれているので、彼らがジャービルとハッラーンを関連付けるために伝承を捏造した可能性が高い。
 とはいえ、ジャービルの生年が720年頃という伝承が正しければ、彼が錬成術を学べた場所は非常に限られてくる。そして当時のハッラーンは、錬成術をはじめとするユーナーンの学問の中東最大の中心地だった。
 一方、ジャービルの父ハイヤーンがアッバース家のダーイー(宣教員)だったという伝承(解説その五十一参照)は、たとえ捏造だったとしても、アッバース家を宿敵と見做すイスマイール派、あるいはアリー派によるものでないのは確実である。ではアッバース朝側の人物あるいは集団によるものかというと、それでなんらかのメリットが得られたとは考えられない。となると、史実である可能性が高い。
 その五十一で述べたように、アッバース家当主の真の目的(自分がハリーファになること)を知っている、あるいはそれに賛同している者はごくわずかだった。ハイヤーンは末端の工作員でしかなく、しかもクーファ出身である。
 同じくその五十一で述べたように、クーファは熱烈なアリー派の巣窟だったが、口先だけで行動が伴わない者が多いため、アッバース家から信用されていなかった。となると、ハイヤーンはアッバース家の真の目的を知らない、純粋なアリー派だったのではあるまいか(しかしクーファ市民にしては珍しい行動派だったため、思想に殉ずることとなったのであった)。
 しかし別にイスラム世界に限ったことではないが、中世人の歴史認識はかなり杜撰である。前回の「暗殺者教団」の項で挙げた『統治の書』がいい例だ。もし「ジャービルの父ハイヤーンはアッバース家の宣教員だった」という伝承が捏造だったとしたら、その捏造を行った人物が「ハイヤーンはアッバース家の宣教員だったが、アッバース家の真の目的は知らなかった」というところまで頭が回っていたとはまず考えられない。すなわち捏造者の目的は、ジャービルをアッバース朝支持者だとすることにある、ということになる。しかしアッバース朝は(ユーナーンの学問全般を保護したとはいえ)、ことさら錬成術を奨励したわけでもない。
 ジャービルに纏わる伝承には彼とイスマイール派(およびその母体のアリー派)とを関連付けるものが多いが、それらとは無関係なものとして、彼とスーフィズム(イスラム神秘主義)を結び付けるものがある。詳しくは後述するが、スーフィズムも初期にはアッバース朝からの弾圧を被っている。それゆえ私は「ジャービルの父はアッバース家の宣教員だった」という伝承は事実である可能性が高い、と判断した次第である。
 ジャービルの父ハイヤーンが本当にアッバース家の宣伝員であったなら、それが伝承として残ったということは、ジャービルもそのことを知っていたはずである。そしてハイヤーンの目的はアッバース家ではなくアリー一族をハリーファにすることであっただろうし、ジャービルもアッバース家ではなくアリー一族の支持者だったろう。そうであれば、アリー一族の当主であるサーディクを崇敬していただろうし、彼に師事するためにイラクのクーファからはるばるタージク(アラビア)半島のマディーナまで赴いたことだってあり得るわけだ。

 もう最後なので書きたいことを書きたいだけ書こう、というわけで、次回、余談で締めです。この「解説」自体、余談以外の何ものでもないんだけどねー。

目次

|

「ガーヤト・アルハキーム」解説 その五十五

『ナイトランド・クォータリー』vol.18「想像界の生物相」掲載の短篇「ガーヤト・アルハキーム」の解説です。

目次

 残り2項目だけなんで、1回で終わるかと思ったんですが、最後の項目が長くなりすぎたので分けます。

note
14行
暗殺者(アサシン)教団
 正確には、イスマイール派のさらなる分派。ファーティマ朝(前回の「イスマイール派」の項参照)は北アフリカで安閑とすることなく、イスラム世界各地にダーイー(宣教員)を大量に送り込んだ。彼らは秘密裏に宣教活動を行うだけでなく、険しい山岳地帯などを拠点にゲリラ活動をも行った。
 AD11世紀末、ファーティマ朝で王位継承権争いが起きた。当時、ファールス(ペルシア)北部のアラムート山を拠点としていた宣教員たちは、敗れた側を支持していたため、以後はファーティマ朝と袂を分かち、独立したテロ集団となった。彼らニザール派(支持していた王子の名に因む)こそが、西洋で呼ぶところの暗殺教団である。「山の老人」は伝説に過ぎないが、彼らによってイスラム世界の多くの要人が暗殺されたのは事実である。
(『東方見聞録』とか「ハシーシー(ハシーシュ=大麻喰い)」とか、そういう話は有名だから省略します)
 たとえば11世紀のセルジューク朝の宰相ニザーム・アルムルクは、秩序を乱すものとしてイスマイール派をはじめとするイスラム異端(分派)および異教を憎悪し、それらすべてが実は結託してイスラム世界を滅ぼそうとしているという陰謀論を、その著書『統治の書』(岩波書店)の中で展開している。
 この人は当代屈指の知識人のはずなんだけど、それでもこの程度の歴史認識なんだなあ。それと、陰謀論の定型ってこんな昔に完成してるんだなあ。
 とはいえ積極的に異端・異教を弾圧したわけでもなく、ただただ著書でヘイトを吐き出していただけであり、「正統」なイスラムを広めるべく学問振興に力を入れたのは、むしろ称讃すべき行為である。が、それでも因果と言うべきか、ニザール派アサシンの手に掛かり最期を遂げている。
 ちなみに『統治の書』の邦訳は、史実とどれだけ食い違っているか訳注がほぼ皆無で不親切ですよ。

ヒルミス主義およびジャービル錬成術からの……
 以下、イスマイール派と錬成術(錬金術)師ジャービルとの関係について、まとめて述べる。
 錬成術(錬金術)師ジャービル・イブン・ハイヤーン(ハイヤーンの息子ジャービル)の実在性を最初に体系的に検証したのは、パウル・クラウス(AD1904-1944)である。noteで述べたように、クラウスはタージク(アラビア)語のジャービル文書(ジャービル作とされる文書群)のほとんどは捏造されたものだとし、ジャービルの実在自体、疑わしいとした。ローレンス・M・プリンチーペ『錬金術の秘密』(勁草書房)によれば、クラウスはジャービル文書に関する第3作を準備中、カイロの自宅で自殺も他殺ともつかない不審な死を遂げた。その草稿は散逸してしまったという。
 クラウスの研究に対し、E・J・ホームヤード(1891-1959 『錬金術の歴史 近代化学の起源』朝倉書店)などの反論もあり、現在おおむね定説とされているのは、ジャービルの実在と、実作も残っている(大量の贋作とともに)可能性を認めている、といったところである(伊藤俊太郎『近代科学の源流』中央公論新社)。
 上の『錬金術の秘密』によれば、クラウスがジャービル文書の多くを贋作だとする根拠の一つは、それらの中で言及される幾つかのユーナーン(ギリシア)語文献が8世紀にはまだアラビア語に訳されていないことだという。が、ジャービルがこれらの文献をユーナーン語原典かそのシャーム(シリア)語などの訳で読んでいたのなら問題はない。
 またクラウスによれば、最初期のジャービル文書の一つ『慈悲の書』は9世紀半ばに書かれたもので、この書物に感化されたシーア派(アリー派)の錬成術師たちがジャービルの名を冠した作品を大量に生み出したという。
『錬金術の秘密』はイスラムのややこしい歴史に踏み込むつもりはないらしく、「シーア派(アリー派)」としているが、正確にはそのさらなる分派である「イスマイール派」である(前回参照)。
 ジャービル文書のほとんどがイスマイール派によって捏造されたものである、というのは多くの研究者の共通見解であり、それらの文書に現れる思想とイスマイール派の教義の間には明白な共通点がある。
 前回述べたように、8世紀後半から9世紀末までのイスマイール派については史料がまったく残っていない。だからイスマイール派の教義のネタ元が、8世紀後半に書かれたジャービルの「実作」だった可能性もあるわけだ。

 とりあえずここで切ります。後1回で終わるはず。

目次

|

近況

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 後1回で終わりの「ガーヤト・アルハキーム」解説、前回の近況報告で「2、3日お待ちください」と書いてから、ずいぶん日が開いてしまいました。体調を崩してたとかじゃなくて、書きあぐねておりました。
 錬成術(錬金術)師ジャービルの出自についての幾つもの伝承のうち、一番信憑性が高いのはどれか、という問題について書いたら、えらく長くなっちまって……
 それでも後は、ジャービル(およびイスラム錬成術)とイスラム神秘主義との関係についてなんですが、これもまた複雑で、なかなかまとまらない。まあほかにもやるべきことはあるので、毎日ちょっと書いては書き直し、という感じでちまちま進んでおります。もう少々お待ちください。

|

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »