HISTORIAシリーズ設定集コンテンツ

HISTORIAシリーズとは……

 早川書房から刊行されている、仁木稔の『グアルディア』に始まる、未来史/歴史改変シリーズ。各作品は「文明崩壊後の世界」を共通の舞台とするが、それぞれ独立した物語である。
 HISTORIA(ヒストリア)は歴史、過去の事実、物語、作り話といった意味。

 仁木のための覚書を兼ねて、設定集を当ブログで公開。

*記事数が増えてきたので、作品別に整理しました(『グアルディア』と『ラ・イストリア』は設定に共通事項が多いのでまとめました)。

全作品共通

「ヒストリア」 「語り手、および文体」 「年表」 「大災厄」 「遺伝子管理局」 

「知性機械」 「亜人」 「絶対平和 Ⅰ」 「絶対平和 Ⅱ」 

「コンセプシオン」 「キルケー・ウイルス」 

「コンセプシオン、疫病の王、生体甲冑、そしてキルケー・ウイルス」 

「封じ込めプログラム」 「各作品に於ける軍事事情」 「変異体」  

「異形の守護者」 「管理者たち」 「HISTORIAにおける歴史改変」  

「キャラクター」 「暴力表現について」 

「それはヒト固有の能力である」(SFセミナー2009 仁木稔パネルより)

「疑似科学」 (SF乱学講座2010年11月より)

「BGM」 (作中に登場させた楽曲について)

「岡和田晃氏への応答-SFセミナー2014を経て」 (評論家の岡和田晃氏による批評に応えて)

 

『グアルディア』『ラ・イストリア』

「生体甲冑 Ⅰ」 「生体甲冑 Ⅱ」 (Ⅲは連作〈The Show Must Go Onの項へ)

「生体端末」 

「アンヘル」 「ホアキン」 「メトセラ種」 

「カルラ」 「カロリーヌ・ティシエ」 「JD(2540~)」 「グロッタ」 

「ラテンアメリカの人とか文学とか」 

 

『ミカイールの階梯』

「テングリ大山系一帯」 「ルイセンコ主義」 「ミカイリー一族」 

「マフディ教団と中央アジア共和国」 「グワルディア」 「殺戮機械」 「胡旋舞」 

「レズヴァーン・ミカイリー」 「ハーフェズ(守護者)」 「階梯」 

「25世紀中央アジアの食糧事情」 

 

連作〈The Show Must Go On〉 (『ミーチャ・ベリャーエフの子狐たち』)

「連作〈The Show Must Go On〉」 

「ミーチェ・ベリャーエフの子狐たち Ⅰ」 「ミーチャ・ベリャーエフの子狐たち Ⅱ」 

「はじまりと終わりの世界樹 Ⅰ」 「はじまりと終わりの世界樹 Ⅱ」 

「The Show Must Go on!」 

「絶対平和の社会」 「絶対平和の戦争」 

「等級制‐‐概念」 「等級性‐‐システム」 

「JD(2190~)」  「生体甲冑 Ⅲ」 (Ⅰ、Ⅱは『グアルディア』『ラ・イストリア』の項へ)

.

中篇「にんげんのくに」(『伊藤計劃トリビュート』収録)

「にんげんのくに」 「情報受容体」 

|